フランス・パリ南部郊外のエコハウス、『 Eco-Sustainable House  』をご紹介したいと思います。プロジェクトを手がけたのは、フランスの建築デザイン事務所 Djuric Tardio Architectes です。

一見すると屋上が完成していないんではないか ? と見間違えますが、こちらは日本でいうあずま屋をイメージして作られたもの。昼には適度な影をつくり、野菜やフルーツなどを育てる屋上菜園を助ける役割も果たします。

ウッドがふんだんに使われたプレハブ風の建物は、頑丈な二重ガラスを採用しており、冬の寒い時期は建物を保温できる仕組み。高価なテクノロジーを使わず、自然の力で寒さや暑さと共存していく、そんな持続可能なエコハウスとなっています。

Shaded-roof-gives-the-home-a-unique-and-practical-spaceA-look-at-the-vegetable-terrace-of-the-planet-friendly-house-in-Paris

 

広いルーフトップは野菜や果物を育てる他に、キッズたちの遊び場としても最適なようですね。

 

The-shaded-roof-doubles-as-a-lovely-playzone-for-the-kids

 

2階建ての居住スペースは、1階と2階にそれぞれキッチンとベッドルームを備えた二世帯住宅のようなつくり。片側だけ吹き抜けになっている天井から明るい自然光が届く、一階のキッチン・ダイニング・リビングスペースは広々としていて、エッグチェアやスワンチェアなどのデザイン家具を置いた、フランスならではのおしゃれなお部屋となっています。

 

Eclectic-and-colorful-collection-of-chairs-at-the-dining-spaceIconic-decor-additions-bring-style-and-elegance-to-the-spaceIconic-Egg-Chair-by-Arne-Jacobsen-in-the-corner

 

リビングの一角には何やら大きなスライドドアが備えてあります。

 

Versatile-interior-of-the-home-at-work

 

そこを開くとなんと中にはライブラリー兼書斎、オーディオルームが現れます。プライベートな空間と、来客の多い客間を仕切ることができる大きなスライドドアだったのです。

 

Large-sliding-doors-alter-the-dynamics-of-the-interior-at-willSliding-door-between-home-office-and-dining-creates-a-dynamic-home-environmentSmart-space-combines-home-study-and-entertainment-needs

 

2階には1階よりも小さめのキッチンと、キッズたちのためのスペースとして利用。ちょっとしたお菓子やランチを子どもたちと作ったりするのにも、便利なスペースとなりそうですね。

 

Playzone-next-to-the-kitchen-allows-the-parents-to-keep-an-eye-on-the-kidsColorful-and-playful-decor-additions-for-the-dynamic-playzone

 

鏡にもなっている窓は冬の間は閉めたままに、夏は部屋の風通しを良くします。また窓から見える家の周りをおおう高い木々は、夏のヒートアップを防ぐと共に、Co2( 二酸化炭素 ) を吸収して温暖化を防ぐ役割も担います。

 

Greenery-outside-becomes-a-natural-part-of-the-bedroomStreet-facade-of-the-stylish-and-eco-friendly-residence-in-Antony-Paris

▼間取り図

Floor-plan-of-the-first-level-of-the-eco-friendly-houseSecond-level-floor-plan-of-the-Paris-house

エコでおしゃれなフランスパリ郊外のエコハウス。無駄なパワーを使うことなく、自然との共存を楽しみながら快適に暮らす、そんな思いがたくさんつまったお宅です。

 

 

参照元 : Beautiful Eco Sustainable House in the suburbs of Paris, France – decoist