コペンハーゲン在住のグラフィックデザイナー、 Sabine Brandty ( サビーネ・ブランティ ) さんの家は春らしいピンクとミントグリーンを使った、カラフルでポップなお部屋です。

部屋の壁には、さまざまな写真やアートがみっしりと飾られており、家主のポートレートやグラフィックに対してのパッションを感じます。

さらにビンテージの雑貨やインテリアでデコレーションされた部屋は、アーティスティックな雰囲気でいっぱいです。

01

ピンクとミントカラーで大胆に塗った壁、ところどころはホワイトを残したまま。

pinkmint-mirror

ナチュラルなウッドの壁や、床との組み合わせがモダンです。

wood-wall

屋根裏部屋風の2階には、自転車がロープで吊るされています。この部屋なら、自転車もアートの一部のように思えますね。

bicycle-space

グラフィックと家具との組み合わせに、こだわりをもったデコレーション。ナチュラルな風合いのアーとには、藤で編んだ椅子をセット。

chair-window

真っ白なドアと壁の奥には、カラフルなペーパーデコレーションが飾られます。イケアでも人気のペーパーデコレーションは、ふんわりして春の部屋の装飾にピッタリです。

hall-white

ベッドルームはこの部屋のテーマカラー、ミントカラーとピンクでシーツやカバーも統一しています。

mintpinkcolor-bedroom

流行のボールドカラーをナチュラルにアレンジ。春のフレッシュさを感じる、明るくポップな部屋に癒やされますね !

 

 

参照元 : Graphic Designer’s Colorful Apartment – Design Attractor