1997年にイギリスから中華人民共和国に主権が移された香港。その限定された面積であるにもかかわらず、700万人近くの人口がいるために、日本同様に住居スペースが狭いことでも有名です。しかし今回ご紹介する物件No.30 Razor Parkは、限られたスペースを有効的に利用した、快適空間が広がるアパートメントとなっています。

香港を中心に活躍する建築デザイナーGeoff Tsui – ジオフ・ツイが設計、デザインしたこちらの物件は、もともと分かれていた2部屋をスタジオタイプにリノベーションした、平均的な香港のマンションよりも広々とした空間へと仕上げられています。シーリングライトに照らされたリビングとダイニングスペースを合わせたスタジオから、間口の広いガラス窓を抜けると、白い玉石が敷き詰められた、バルコニースペースへと続きます。家の周りに植えられた植物も目隠しの役目を果たし、プライバシーを保った空間を実現していますね。個人的には超ロングなベッドルームがお気に入りでした。

Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-21Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-31Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-51Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-71Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-81Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-91Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-121Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-131Geoff-Tsui-No-30-Razor-Park-151

参照元リンク : Designer Geoff Tsui’s Fresh Vision for A Hong Kong Home – Freshome.com