今回ご紹介するのは、素人でも簡単にプロ並みの間取り図を作ることができる、便利なアメリカのWEBサイト 『 Jerome’s 』 です。

『 Jerome’s 』  は、アメリカでチェーン展開をしている家具のお店。そのWEBサイトの中にRoom Planner ( ルームプランナー ) という、自分で間取り図を作れるツールがあり、自分で間取り図を作成し家具を配置することができます。

今回はそのRoom Planner ( ルームプランナー ) の使い方を、簡単にご説明したいと思います。英語が苦手な方も単語さえ調べれば、シンプルな作業となっているので、ぜひお試しください。

 

How to make it  ?

 

▼まずは 『 Jerome’s 』 のサイトを開きます、下に掲載した画像がトップページです。

Room Planner ( ルームプランナー )はトップページ画面を、そのままスクロールした( 上から下へ画面を動かすこと ) 、下のグレーのボックスの中にカテゴリーされています。

※赤丸で記しているところです。

Jerome's-Furniture-Store---Same-Day-Delivery

▼こちらがグレーのボックス部分を拡大したところです。赤丸で囲ったRoom Planner ( ルームプランナー )をクリックします。

jeromes

 

クリックすると下のような画面が現れます。オレンジのボックスのStart Planning をクリックして開始します。

 

 

しばらくすると画面が切り替わり、下のような画面になります。まずは、①の手順で部屋のタイプ( Bedroom , Dining room , Living etc.. ) を選びます。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture2

 

②は部屋の広さと、Room type ( Bedroom , Dining room , Living etc.. ) を選びます。部屋の広さはアメリカなので、Ft ( フィート )と inch ( インチ )で表されます。Length ( 長さ )とDepth (奥行き ) を数字で入力をします。

【 参考 】

・ 1 フィート = 30.48 センチ ( 4 フィートで約  1.2 メートル )

・1 インチ = 2.54 センチメートル

・Length ( 長さ ) × Depth ( 奥行き ) = sqft / スクエアフィート  ( 10 Sqft で約 0.93 m2 / 平方メートル  )

Room-Planner---Jerome's-Furniture3

 

広さなどの入力が終わったら、部屋の形を選択します ( イエローで指した矢印のところから選びます。 )選択が終わったら、Create a new plan ( 赤の矢印で指している部分 )をクリックして開始です。

 

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture4

 

しばらくすると画面が切り替わり、下のような画面へと移ります。先ほど選択した形と、部屋の広さに合わせた間取りが現れます。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture5

 

画面右部分( 赤矢印の部分 )の Furniture ( 家具 )を選択し、配置したいベッドやソファーなどをドラッグして、間取り図の上に移動させます。

家具の向きを変えたいときは、画面上にイエローが指している矢印部分を動かし、サイズを小さくしたり、大きくしたりするには青が指している矢印を動かします。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture6

 

ドアや窓は Structural を選択すると、door, window を選択し配置することが可能です。かなりの種類のベッドやソファー、テーブルが並ぶので、多少は迷いますが楽しんで家具を配置していきましょう。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture7

 

そうして全ての家具の配置が終わったら、次はPrint ボタンを押して印刷することが可能です。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture8

 

印刷する際は、Show grid にチェックを入れると、間取り図の背景にグリット線が現れます。間取りを印刷をして家具の写真を貼ったり、フロアやラグのサンプルを貼ったりして、よりイメージを膨らませることが、理想のプロジェクトを成功へと導きます。

 

Room-Planner---Jerome's-Furniture9

思い通りの間取り図が作れれば、マイホーム建設や引越し先でのインテリアデザインにも便利ですし、何より何の目的なしに作っていても楽しいものです。一度、試してみてはいかがでしょうか ?

 

 

作成はこちらから :  Jerome’s

 

 

▼インテリアデザインおすすめ記事

アメリカのインテリアコーディネーターに学ぶ、部屋づくり基本の 『 き 』 6ステップ