毎年5月にニューヨークで開かれる、北米最大規模のデザイン関連イベント、「ニューヨーク・デザイン・ウィーク」が、今年も5月10日から21日に開かれました。

その「デザイン・ウィーク 」の中心イベントとして、毎年開かれるのが「ニューヨーク国際現代家具見本市・ICFF2013」。

2013年は5月18日から21日の4日間開催されました。

 

NYCデザインウィークのWebサイト

nydw

 

そもそも、ニューヨーク国際現代家具見本市・ICFF2013 って・・・

 

世界約30ヶ国以上の国々のインテリアメーカーが参加。

ニューヨークのジェイコブK.ジャビッツ・コンベンション・センターで、各メーカーが個性的なブースを500以上も構える、世界的なインテリアの展示会です。

▼我らが日本からも、さまざまなメーカーが展示をしています。

iccfit

 

海外の人気インテリアブログでも、いち早くその模様がエントリーされました。

今回は、ちょっとニューヨークに行ったつもりで…ICFFに関する、興味深いエントリー記事を、ピックアップしてご紹介したいと思います。

次に、トレンドになりそうな家具が眠っているかもしれません。

 

詳細は以下から。

 

 

 

ICFF 2013: 10 GREAT TABLES TO START THE DAY

 

2013年5月26日に、Design Sponge よりポストされたブログ記事

海外人気デザインブログ、Design Sponge のエディターが自らの眼で選んだ、展示会内で輝いていたテーブルを10選まとめたエントリー。

iacollimacallister7

▼アメリカ・マサチューセッツ州にスタジオを構える、 Nervous System のテーブル。

デジタルとアートを融合したデザインが、各ブログでも冒頭で話題になるほど、注目の展示ブースとなっていました。

nervoussystem

▼ コンピューターを使った特殊な技法でカッティングされた、radiolaria table

Nervous Systemのブログ記事には、こちらのテーブルの制作過程が記されています。

『 ICFF 2013: 10 GREAT TEXTILE DESIGNERS 』

 

2013年5月23日に、Design Sponge よりポストされたブログ記事

フェルトや糸を使って独特の家具を作り出す、ロサンゼルス出身のデザイナー、Tanya Aguiñiga と、スウェーデンの老舗ラグメーカー、 Kasthall との共同ブース。

▼虹の様な糸のコレクションを展示しています。

他にもこのエントリー記事では、テキスタイルデザイナーの作品を中心に紹介。

クッションやカバーものが好きな方に、必見の内容です。

『 3-D Printing Takes Furnishings to New Heights at ICFF 2013 』

 

2013年5月22日に、インテリアメディアサイト 、Houzz よりポストされたブログ記事。

『 3-D 』 をキーワードに、3次元のデザインに特化した、ICFFのハイライト記事をリリース。

 

▼上記で紹介した、 Nervous System の展示ブースが冒頭では紹介され…

次に、オランダのインテリアデザイナー、 Dirk Vander Kooijの展示ブースの紹介がされていました。

Dirk Vander Kooij の展示ブースでは、ロボットがハンガーや椅子に、3-Dペインティングしている様子を紹介。houzz

▼実際に、スチール素材の照明を組み立てているところを、ライブパフォーマンスしている、照明デザインナー、Tom Dixonの展示ブース。

houzz02

▼ユニークな形状のライトは、光をともした具合もきになる…3-Dデザイン。

houzz03

『 ICFF 2013: PART 1 

 

2013年5月28日に、Design Milk  からポストされたブログ記事。

エディターの独自の目線から見た、展示会のハイライト記事。

他のブログとは、ひと味ちがった観点から見た、Design Milk らしい抜粋の記事です。

やはりブログの冒頭では、Nervous System の展示ブースのことが触れられていました。

ICFF1-2-Nervous-Systems-Lighting-600x450

▼北欧の代表ブランド、Artek のスツールの新しいコレクション、『 Stool 60′s 80th Anniversary editions 』。

Artek を詳しく日本語で紹介しているWEBショップ、SEMPREさんのページ

『 ICFF 2013: PART 2 

 

2013年5月30日に、Design Milk  からポストされたブログ記事。

Houzz でも紹介していた、 Tom Dixon の照明を、より詳しく紹介しています。

▼ロボットがスチールを、デザイン通りにレーザーカットしている様子。

実際のエントリーでは動画が見れます。

▼イタリア人デザイナーによる、 Made It のブースは、モダンな寝具を展示。

500以上もある展示ブース…どれもピックアップしきれないほど、興味のあるものばかりです…

ICFF のWebサイト上からも、展示企業が検索できますので、ぜひそちらもご参考にされてください。