スウェーデンのインテリアデザイナー、Gabriel Särkijärvi ( ガブリエル・サエァコイアーエルヴェイ ) さんがデザインした、北欧デザインのチェア 『 The Illusion Chair ( イルージョンチェア ) 』 は、濃い髭が特徴のガブリエルさんの顔が、ぼんやりと浮かび上がるユニークなデザイン。

液晶テレビの画面に使われる、ラスター(テレビ画面上の水平走査線のパターン) に似た技術を使い、 背もたれに使われている板の幅を微妙に調節することで、顔が浮かび上がる工夫がされています。

たびたび試作をするたびに失敗を経て、ようやく納得のいくかたちのものができたという、繊細なアートのような椅子のデザインが魅力的です。

Illusion_Chair_Gabriel_Sarkijarvi1

遠くから画面を見つめると、ぼんやりと顔が浮かび上がってきますね。( 拡大の写真はこちらからどうぞ。 )

Illusion-chair

こちらが作者でありこの顔の持ち主である、インテリアデザイナーの Gabriel Särkijärvi  さん。

Illusion_Chair_Gabriel_Sarkijarvi2

正面から見ると… 納得 ! ご満悦のお顔ですね !

Illusion_Chair_Gabriel_Sarkijarvi3

北欧モダンなデザインと、イルージョンというユニークなコンセプトが MIX された、斬新なアイディアが魅力的なチェア。特徴のある顔を持つ彼ならではのデザインですね ! 

 

 

参照元 : ILLUSION CHAIR BY GABRIEL SÄRKIJÄRVI – mocoloco