建築家として活躍する、3人の若者が会社をやめて立ち上げた建築事務所  Patch WorK Architecture ( パッチ ワーク アーキテクチャー )。

彼らの初プロダクトは郊外で見つけた土地で、自らデザイン制作までを手がけたこの 『 Dog Box 』 です。完成したのは2012年12月のこと、斜面に生えた木を伐採するところから建設が始まったそうです。

コンクリートとウッドが頑丈な家屋は、2階が半屋外のオープンなデザイン。開放的な丘からの美しい景色を存分に味わえる、魅力的なモダンハウスとなっています。

treepano_o

 

開閉することで部屋を半屋外に演出できる2階部分、開けるとそこはテラス風の開放感あふれるオープンスペースとなります。

 

Patchwork7_oPatchwork35-copy_o

 

斜面を利用した1階部分の正面は、ウッドデッキが丘から突き出し、まるで宙に浮いてるかのような錯覚になってしまいます。

 

Patchwork33_o

 

1階はリビング兼ダイニング・キッチンのスペースに。夏はひんやり冬は断熱性のある、コンクリートの壁に寄っかかることができる、快適なソファーベッドが気持ちよさそうですね。

 

Patchwork51_oPatchwork50_o

 

こじんまりとした薪ストーブが、ダイニングとキッチン空間を暖めます。キッチンは4つ口のガスコンロをキャスター付きの台に置き、壁側はオーブンと洗い場・調理場として使ったすっきりとした空間。キャスター付のガス台は、ガスボンベも下に収納されているので、外のテラスに出して使うこともできそうです。

 

tumblr_mstr0fjIZl1r6k70ko7_1280tumblr_mstr0fjIZl1r6k70ko8_1280

 

素朴な陶磁器の食器やコップが、コンクリートと天然木の空間によく合いますね。

 

Patchwork37_o

 

半屋外の2階部分は自然光がさんさんと届くカラッとした空間。突き出したテラスからは、青々とした木の頭が望みます。ガラスに匹敵する透明性と、アクリルの40倍の強度を併せ持った、ポリカーボネートの波トタンを屋根や壁に使い、コストをおさえたハンドメイド感をかんじる、心あたたまる空間です。

 

Patchwork24_otumblr_mstr6cPWuQ1r6k70ko6_1280

 

2階部分は寝室として利用。ガラス戸を閉めればプライベートと、寒さや雨風を防ぐことができます。ウッドデッキ上の手洗い場は、耐久性の強いコンクリート製です。

 

Patchwork12_oPatchwork16_o

普通は家の外に使うフェンスや波トタンなどを使い、省コストの資材にも関わらずデザイン性と機能性を掛けあわせたモダンハウスですね。

 

 

参照元 : In the dog box – desire to inspire