アメリカ・インディアナ州からご紹介するのは、1920年代のバンガローをリノベーションしたという、明るさにあふれたオープンな空間です。

リノベーションを手がけたのは、同じくインディアナ州の建築デザイン事務所、HAUS | Architecture For Modern Lifestyles で、リノベ後は不要な壁を無くし空間を拡大させ、天窓を付けることで、家全体が明るくなるように再デザインされました。

一階には大きなキッチンやリビング、マスターベッドルームを配置し、2階のロフト部分は、ミニキッチンとリビングを備えたゲスト用の空間となっています。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-02-1-Kindesign

ビビッドなマスタードイエローを使った、レトロなベルベットのソファーと、ファンキーなデザインクッションが華やかなコーディネート。コーヒーテーブルは、貨物用パレットに車輪を付けたアイディアが、DIYの参考になりそうです。

2769056_original

オープンなキッチンは、大きなウッドのカウンターが使い勝手が良さそうな雰囲気。天窓からは光が入り、ダイニングやキッチンを明るく照らします。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-04-1-Kindesign

大きなバーンドア( 牧場の納屋のような開きドア )がトレンドの、一階マスターベッドルームは、スパ風のバスルームに加え、奥にはウォークインクローゼットを備えます。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-06-1-Kindesign

大きなバスタブとガラス張りのシャワールームが付いた、広々としたスパ風のバスルーム。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-07-1-Kindesign

バスルームの奥には、ウォークインクローゼットにつながる、シングルタイプのバーンドアを備え、ラスティックな納屋風の雰囲気が漂いますね。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-08-1-Kindesign

2階部分はミニキッチンと、こじんまりとしたリビングを備えた、快適なゲスト専用の空間です。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-05-1-Kindesign

こちらのベッドルームにも、バーンドアが使用されています。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-10-1-Kindesign

屋根裏部屋風のベッドルームは、落ち着いたカラーのコーディネートです。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-11-1-Kindesign

さらにベッドの反対側には、バスタブとトイレが同空間に配置されています。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-12-1-Kindesign

屋根の傾斜を利用した収納棚が、スッキリと空間を整理整頓させ、猫足のバスタブがベッドルームの雰囲気とよく合いますね。

Broad-Ripple-Bungalow-HAUS-13-1-Kindesign

バケーションにはもって来いのモダンなバンガロー。リノベーションしたことで、フレッシュでトレンドな雰囲気たっぷりの空間になりましたね !

 

 

参照元 : Open concept living in Indiana: Broad Ripple Bungalow by HAUS – 1 kind design