アメリカ・ユタ州より、巨大なガレージをリノベーションしたお宅のご紹介です。

広さ2000㎡もあるガレージを、1LDKに変更した広々とした間取り。

バイクやメカニック好きのオーナー夫婦による、インダストリアルな雰囲気の部屋作りとなっています。

 

詳細は以下から。

 

 

▼広大な面積のリビングには、大きなソファーセットを配置。

壁はマットなペイントで…むき出しのブロックが、元ガレージの雰囲気満点です。

Open-and-Industrial-Garage-Home-2

リビング奥には、オフィスで使ってそうなスチールのデスクスペース。

壁には、ビンテージの看板をディスプレイしています。

Open-and-Industrial-Garage-Home-3

キッチンも手作り感のある雰囲気です。

大きなランプと鏡、中央のコンクリートのテーブルが印象的。

Open-and-Industrial-Garage-Home-4

剥き出しの配管と、ペンダントライトで統一している点も、こだわりのひとつ…

ダイニングスペースは明るい窓側に。

たくさんが座れる、長めのテーブルとなっています。

Open-and-Industrial-Garage-Home-5

寝室は、リビングとキッチンの間に、木材の壁を作って仕切っています。

ビンテージの扇風機がや棚が、わざと古くさい感じでカッコいいですね…

Open-and-Industrial-Garage-Home-6

ベッドの上にも、ビンテージの看板を配置。

壁や床はグレーで統一し、シンプルでシックな空間に。

Open-and-Industrial-Garage-Home-7

ミニソファーやゴージャスなラグを敷いた、クローゼットスペース。

Open-and-Industrial-Garage-Home-8

かなりこだわったバスルーム。

鏡や棚はスチール製で、昔の工場で使われていた様な、風合いのあるもの。

Open-and-Industrial-Garage-Home-9

おしゃれな若いオーナー夫婦と、フレンチブルドックの仲良しファミリーが住んでいます。

Open-and-Industrial-Garage-Home-10

 

ビンテージの扇風機や、ランプ、洗面台など…ところどころに古めかしく、インダストリアルなインテリアにもこだわっていて、床や壁、天井もガレージの雰囲気がそのまま。

メカニック好きのオーナーならではの、○○ベースなお宅となっています。

 

参照元 : Open and Industrial Garage Home – Inthralld