ドイツ出身のデザイナー、Ingo Maurer ( インゴ・マウラー ) 氏がデザインした、イタリアン料理をテーマにしたランプがユニークデザインです。

カンパリソーダのボトルを10本使ったランプシェードは、ボトルの上に氷ものっていて何とも涼しげ…

食べ物をテーマにしたインテリアって、なんだか親しみが持てますね。

 

詳細は以下から。

 

 

▼ボトルのフタが付いた紐をひっぱると、明かりが灯ったり消えたりします。

カンパリの鮮やかなピンクに、明かりを灯るところも楽しみですね。

299450_original

氷もボトルも全てガラス製。

水が滴り落ちるような、清涼感あるデザインです。

299709_original

Ingo Maurer ( インゴ・マウラー )氏は、以前、Campbellaのスープ缶を使った、ランプデザインを発表し話題となりました。

CannedLight

ボロネーゼパスタのランプです。

こちらは軸にナイフとフォークを使った芸術品。

299923_original

重ねたお皿がランプシェードになっています。

パルメザンチーズやパセリまでトッピングされていて、思わず手をのばしたくなるデザイン。

300045_original

 

これからの季節カフェやバーだけでなく、ダイニングにもおいてみたいランプデザインですね…

 

参照元 : Food And Drinks Inspired Lamp Collection by Ingo Maurer – DigsDigs