米国ニューヨークのクィーンズ地区にある、ソクラテス・スカルプチャー・パーク ( Socrates Sculpture Park  ) は、1986年以前は粗大ゴミなどが放棄されるなど、廃墟のような場所だったそうです。

しかし長年の、地元の人々とアーティストたちの努力で、今や芸術を鑑賞しながら、緑いっぱいの公園を探索できる、観光名所のひとつに蘇りました。

そんなソクラテス・スカルプチャー・パーク に、まるで透明人間のような、不思議でユニークな小屋アート、『 Invisible Barn 』 が、先日、新たに展示作品として追加されました。デザインを手がけたのは、NY を拠点に活動するデザインスタジオ、stpmj となっています。

2-invisible-barn-by-stpmj-new-york

 

実はこの小屋は、平行四辺形のパーツを組み合わせ、表面をミラー加工されたシートでカバーした、平面状の板でできています。

周りの木立を、さまざまな角度から写し出すことによって、まるで透明人間のように、周りの景色を透過し、奥行があり立体的に見えるのです。

 

 

458

 

毎日変化する気候や、春、夏、秋、冬…四季折々の景色を映し出す姿は、まさに透明人間やカメレオンのようですね。

 

5-invisible-barn-by-stpmj-new-york

 

日暮れの時はさらに、神秘的な姿を表します。

遠くから見ると、さらに景色を透過しているような様子が、はっきりと確認できます。

 

4-invisible-barn-by-stpmj-new-york

 

窓やドアに見せた、少し奥行のある部分は、人が通る通路やベンチとしての利用が可能だそうで、人々の憩いの場所となりそうですね。

 

 Invisible Barn 』 の他にも、さまざまなアーティストの作品が鑑賞でき、またイーストリバー沿いにあるので、夕日越しにマンハッタンビューを楽しめるこの公園。

NY を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみたい場所のひとつです。

インフォメーション :  Socrates Sculpture Park / ソクラテス・スカルプチャー・パーク 

 

 

参照元 : Invisible Barn in New York by STPMJ Design Studio – architecture art design