ドイツ・ベルリンにある幼稚園、Kita Drachenhöhle のデザインを紹介したいと思います。

デザインを手がけたのは、同じくドイツを拠点に活躍する、女性2人のデザインチーム、Baukind です。

自然の優美がテーマのこの幼稚園は、ウッドの切り株や、木登りができる木など、ナチュラルでスムーズな触り心地の樹をたくさん使っています。

シンプルでナチュラルな園内のデザインを見ていきましょう。

 

 

詳細は以下から。

 

 

 Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-003-625x416

子どもが登りしやすい用に、スムーズな触り心地で、ところどころに掴みやすい枝を付けた 『 木登り用の木 』。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-002

園内のほとんどの家具は、ナチュラルな白木で作られています。 天井のドットと北欧テイストのライトが可愛らしい、こちらのプレイスペース。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-007

棚自体も登って遊べる遊具となっています。 丸い洞穴スペースなんて、子どもたちが大喜びしそうですね。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-008-625x416

お昼寝スペースでもあるこちらのお部屋は、フワフワした質感の壁や天井と、優しいグリーンのクッションを配置。

幼児が登って上がれる斜面をつけたスペースとなっています。棚にはお昼寝用マットを収納。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-005-625x416

ついつい、たたきたくなっちゃうこちらの壁。 木をたたく音を楽しんだり、ストレス解消にもなりそうです。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-006

年少さんに本を読んであげる、お兄さんの姿は見ていてほっこりしてきますね。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-010

みんながオモチャを浮かべて遊ぶ浴室です。

ミントグリーンの柔らかな色のタイルと、泡をイメージした丸いミラー、洗面台も波のようにカーブをしたデザインです。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-014-625x416

このバスルームの照明です。鳥の巣のようなデザイン

洗面台の左側にあるスペースには、ひとりひとりのコップと歯磨きを収納。

コップのかたちに切り抜いたボックスを重ねた、おしゃれなデザインは真似できそうなポイントです。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-017

洋服かけにもなる木は、枝も丸く加工していて、けがの防止にもなる優れものです

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-012

壁の一角に付けられた、木の枝フック。 こちらも丸みを帯びたデザインで、子ども心をくすぐりそうなデザイン。

エントランスのお部屋の壁は、緑の丘をイメージしたペイントとなっているそうです。

下のベンチは引き出し付きで、シューズボックスとなっています。

Kita-Drachenhöhle-by-Baukind-011-625x416

ナチュラルな木目と丸みをつけた加工をほどこした、優しいタッチの木がたくさんある幼稚園のデザイン。

自然の優しさと美しさを毎日感じれる幼稚園って、なんだか安心できていいですね。 

 

 

参照元 : Kita Drachenhöhle A Kindergarten In Berlin By Baukind – Decor Advisor

一部画像 : Hravý interiér berlínské školky – INTERIER MAG