狭小住宅が問題にもなっている、NYに住むカップルのアパートは、元ニット工場として使われていた建物の一室を、リノベーションしたお部屋。

自宅兼オフィスのSOHOとして使っているアパートメントは、空間を最大限に利用した、参考にしたい間取りとなっています。

参照元の Apartment therapy では現在、『 Small cool 2014 』 と題した、狭くてもおしゃれなお部屋のコンテストを開催中で、こちらも必見のコンテンツです。

538b35f5697ab07c93006186._w.540_

 

キッチンダイニング横のクローゼットは、表面がホワイトボードでコーティングされているので、収納兼ミーティングボードとして使えるすぐれもの。

 

538b361f697ab06d89002741._w.540_

 

ダイニングは来客時のミーティングにも使えるように、二人暮らしにしては多めの椅子を用意。

使わないときは小スペースに、重ねてストックできるように、スツール選びにもこだわっています。

 

538b3612697ab0043c005dca._w.540_

 

愛犬のくつろぎスペースでもある、ソファーとデザインチェアがおしゃれな、リビングのコーナー。

 

538b3603697ab00290005d9f._w.540_

 

そのソファーの隣の空いたスペースを、本棚兼収納もふくんだ、小上がりのベッドルームとして使用しています。

本棚が目隠しとなって、プライベートな部分を隠した、快適な空間です。

 

538b35e6697ab07d3b0062d4._w.540_

 

▼参考にしたい間取り図

538b3626697ab07dfc006092._w.540_

家具の配置に工夫し、デッドスペースを最大限に利用した、参考になる自宅兼オフィスの間取り。

一人~二人暮らしの参考になりそうな、NYのおしゃれアパートメントですね。

 

 

参照元 : Danny & Joni’s Former Knitting Factory – apartment therapy