やわらかなボイスとは裏腹に、毒舌的できわどい歌詞を歌うギャップが特徴的な、イギリスの人気シンガー・ソングライター Lily Allen ( リリー・アレン )。現在、彼女が住むイングランドの素敵なカントリーハウスをご紹介したいと思います。

2011年に画家であり実業家のサム・クーパーと結婚した彼女は、一時は音楽活動を休止していたものの、現在イングランド中央部コッツウォルズで家族と住み、アーティストと2人の娘のママという二足のわらじを履いています。

忙しい仕事のかたわら彼女が子育てをするコッツウォルズの自宅は、のどかな片田舎のカントリー調の古い家。庭にはローズやデイジーなどたくさんの花が咲き、2人の娘と共に花を摘んだりする、 リリーの穏やかな日常が目に浮かびます。

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-005

 

自宅のあるコッツウォルズは、『 ハチミツ色の石 』  と呼ばれる黄色味を帯びた、石灰岩コッツウォルズストーンを使った古い建物の景観が有名だそうで、観光名所としても人気の場所。

 

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-003

 

トラディッショナルな>イングリッシュ・ガーデンを感じさせる、広い庭に囲われた石造りの古い家は、1660年ごろに建てられたものだそうで、 リリーの家は観光客が普段訪れることのない、村の奥にひっそりと建っているそうです。

 

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-001

 

ローズやディジー、つるがのびるあずま屋など典型的なイングリッシュ・ガーデンに、野草や野花などが自然に植生された美しいガーデンは、まるでプリンセスの秘密の庭といった趣きです。

 

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-004

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-007

 

室内はアンティーク調の家具に加え、カラフルなテキスタイルをふんだんに使った、ガーリーで優しい雰囲気が伝わるカラフルなインテリア・コーディネート。

 

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-010

 

愛用のギターや子どもたちのオモチャが並ぶリビングは、古さを残したトラディッショナルな暖炉が家の長い歴史を物語ります。

 

lily-allen-cotswolds-home-vogue-2014-habituallychic-011

家は持ち主を表すといいますが、彼女が旦那さんと作った野草の入り混じるイングリッシュ・ガーデンから、表向きの毒舌なキャラクターには隠された、ナチュラルな優しい一面を感じますね。

 

 

 

参照元 : Country Chic in the Cotswolds – Habituallychic

( Vogue  Sep 2014 掲載 : Photographed by Matthieu Salvaing  )