台北の中心街のとある2LDKのマンション。オーナーがリノベーションを決意したのは、2匹の愛猫たちとの充実したライフスタイルを手に入れるため。

ST Studioが手がけたこの 『 Loft H 』 は、2LDKを大きなワンフロアのワンルームに改築。中のインテリアも、デザインスタジオが自ら手がけました。

さて、一体どのようなリノベーションが完成したのでしょうか?

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_7

真っ白な壁に、独自のシェルフシステム。グレーをアクセントカラーにし、インダストリアルでオルタナティブな雰囲気を好む、オーナーの意見が取り入れられた、自然光があふれる明るい空間です。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_15

広く長いベランダに面するリビングルーム。大がかりな壁一面の棚には、オーナーが趣味で集める漫画本やコミックが飾られています。

棚の前には読書場所にもなる、こじんまりとしたテーブルがあり、リラックスしたスペースです。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_hero01

そして、この棚のもう一つの役割は、住人である猫たちの遊び場となること。段差をわざとつけた棚の意味は、猫たちが楽しむためにあるのです。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_21

ベランダと反対側のスペースは、グレーにペイントされた壁があり、インダストリアルを意識したパイプをつかったクローゼットとなっています。白と黒で2トーンに塗られたパイプのアイディアは、ぜひ真似してみたいミニマルなアクセントです。

そしてその奥には、独立した広いキッチンが広がります。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_10

リビングのテレビ台は、スタジオがオリジナルでつくったもの。こちらは収納と、ベッドルームのパーテーションも兼ねています。プライベートなベッド部分が、すっぽりと隠れるアイディアです。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_19

バスルームは白いタイルに、ブラックのスチールラインが効いた、モノトーンコーディネート。

深めの洗面台も魅力的です。

loft-h-st-studio-tai-pai-interior-residential_dezeen_2364_col_0

シンプルかつモダン、そしてモノトーンを意識したインダストリアルな雰囲気。洗練されたミニマルなインテリアと、オープンな間取りが魅力的なリノベーションです。

 

参照元;Taipei apartment renovation gives owner and his cats room to play – dezeen