スイス連邦の都市・ルガーノの街よりお届けするのは、イタリア・ミラノ市まで直線で約60キロという、美しい都会的なマンションのペントハウス。透明なガラスのキューブが、いくつも突き出たデザインがモダンで目を引きます。

手がけたのはイタリアの建築事務所、MPA Architetti で、2013年に完成を迎えたばかりのペントハウスは、エクステリアとインテリアにこだわったデザイン。都会っぽいアーバンリゾートの参考になるインテリアコーディネートにあふれています。

さてそのガラスキューブの向こう側は、一体どんな世界が広がっているのでしょうか ?

lo_030714_04-630x761

 

突き出たガラスキューブのひとつは、プールとなっていました。ペントハウスの特権とも言える広いルーフトップは、コンクリートとウッドデッキで都会的な雰囲気です。

 

lo_030714_12-630x840

 

透明のガラスで覆われたプールからは、ルガーノの山、湖、街並みを、水の中から眺めることができる斬新なデザイン。

 

lo_030714_18-630x472

 

北欧のレトロ柄のピローとカモフラージュ柄をMIXさせた、珍しいアーバンリゾート。花柄のラグは日本人に馴染みの深い 『 い草 』 が使ってあり、なんだか日本の夏休みを連想させますね。

 

lo_030714_14

 

室内のリビングは大理石のファイヤープレイスと、薄いピンクのソファーのコントラストがかっこいい組み合わせです。

 

lo_030714_09-630x472

 

リビング側のキューブ型部分は、一脚の椅子とテーブルを並べただけで、青い空と巨大なルガーノ湖を見渡す贅沢なスペースとなっています。

 

lo_030714_07-630x840

 

都会的なダイニング・キッチンエリアですが、バルコニーへのウィンドウドアには木枠を使用し、ナチュラルな雰囲気が感じられる明るいデザインですね。

 

lo_030714_11-630x472

 

夜のプールは下からスポットライトがあたり、街の夜景と共にロマンチックでムーディーな雰囲気です。

 

lo_030714_16-630x393

 

それぞれのガラスキューブの向こうに、さまざまな暮らしがあるのでしょうね。

 

lo_030714_03-630x909

スイスの山岳地帯の夏を感じさせる、素敵なアーバンリゾートのルーフバルコニーのコーディネートが、とても印象的なペントハウスでした。

 

 

参照元 : Swiss ‘Lomocubes’ project by MPA Architetti – Bookmarc