有名なマンハッタン・ブリッジなどを望む、360度、ニューヨークの景色を堪能できる、3階建ての邸宅です。

建物は1914年に建てられたもで、ブルックリン地区のアイコン的存在の時計台。

現在は全てリノベーションされています。

時計台の中に家があるなんて…映画のようですよね。

 

気になる、お宅の内部は以下から。

 

 

全部で4つある、ガラスの文字盤。

巨大なリビングは、吹き抜け仕様で広々。

apartment-designrulz-110

イタリアのキッチン・バスタブメーカー、Canova メイドの、シンプルでラグジュアリーなキッチン。

こちらからは、ベイエリアの街並みと海も望め、毎日ドラマのような食事タイム。

apartment-designrulz-41

マンハッタンブリッジも見える、贅沢なソファーコーナー。

シェブロン柄のクッションや、天然木のコーヒーテーブルなど、エッジの効いたインテリアもおしゃれです。

apartment-designrulz-22

床材には白っぽいオークを使用しており、木目の美しいフロア。

右にみえるのは、この家専用のエレベーターです。

apartment-designrulz-82

専用のテラスからは、海とビルの街並みが…

アートなショップが立ち並ぶオシャレな街、DUMBO(ダンボ)地区のすぐそば。

apartment-designrulz-51

バスタブからも、マンハッタン市街地を一望できます。

夢の様な光景です。

apartment-designrulz-71

白いタイルで、自然光いっぱいのバスエリア。

apartment-designrulz-61

 

(参照元 : Luxurious Penthouse Overlooking the Verrazano-Narrows Bridge, NY – Designrulz

 

古い倉庫を住宅として住む、若手のアーティストに人気のDumbo地区。

映画の様なロケーションに、妄想が膨らみますね。

 

▼時計台の外観と間取り図

▼現在NY市の不動産サイト Cororan で、なんと$18 million(日本円で約17兆円…)で売り出し中だそうです…