アメリカの映画館やお店のビルボードサインや、海外ドラマの世界でもよく見かけるマーキュリーライト。おしゃれですが本物はスチール製で重いし、購入するにも結構高価でなかなか手が出ません。

今回は、マーキュリーライトをいかに簡単にDIYできるか、シンプルで身近な材料でできるものを揃えてみました。お部屋のデコレーションだけでなく、ホーム・パーティーなどで活躍しそうなアイディアも取り上げています。

憧れのマーキュリーライトであなたのお部屋を、海外風にアレンジしてみませんか ?

marquee1

 

マーキュリーライトといえば、どデカいこのサイズがやっぱり憧れ。けど本物は鉄製でとても重いし、お家に飾るのに気が引けます。

だったらポスター用紙で作ってみてはいかがでしょうか ? ちょっと光沢があり、画用紙よりは固く扱いやすい素材です。

 

marquee3

 

用意するもの :

・ポスター用紙(ポスターボード)

・自分が好きなアルファベットの自体コピー(手書きも可)

・クリスマスなどで使う電飾(できたら、丸い電球タイプが本物っぽい)

・カッター・カッターボード、セロハンテープ、定規、カラースプレー缶

・穴を開けるためのテンプレートは、写真のようにダンボール紙にパンチで等間隔に穴をあけておく。

 

marqueeinstr1

 

アルファベット型に切り抜いたポスター用紙は、周りを規定通りに囲って裏側からテープで固定し、テンプレートを使って等間隔に穴を開ける。

 

marqueeinstr3

 

ペイントした後に配線を裏から通して、電球を付け直せばできあがり。

 

marqueeinstr4

 

▼詳しい作り方 ・フル写真はoh happy day のサイトを参考にどうぞ。

moviemarquee

 

もっと簡単に、既製のダンボルー・アルファベットオブジェを使ってDIY

 

 

既製のアルファベットオブジェを使ったDIY、ブリキ製や木製などいろいろありますが、ダンボール紙を使ったものはカッターで簡単に切り抜きやすく、扱いやすいです。

電飾の他にグルーガンや、カッターナイフ・ボード、カラースプレーを用意しておきます。

 

BigMarquee-Process-3-2

 

まずは、丁寧に一番上の部分だけを切り取ります。右下の写真のようなかんじです。

 

BigMarquee-Process-4

 

カッターで×印を入れ、そこに穴を開けていきます。

 

BigMarquee-Process-6

 

穴を開けた部分に、裏側から電飾を通していきます。

 

BigMarquee-Process-10

 

あとは電球を表からはめていくだけで、できあがりです。壁にも簡単に掛けれます。ゴールドのスプレー缶やシルバーカラーもオススメですよ。

詳しい作り方 : BRIT + CO

 

bigMarquee-Styled-10

 

ちょっとしたお祝いに簡単にたのしめる Mini マーキュリーライト

 

 

用意するものは、カラー画用紙、はさみ、テープ、瞬間接着剤、グルーガン、穴あけパンチ、電飾、スケール。

 

MiniMarquee-Process-3

 

好きなアルファベットに切り抜いた画用紙を、穴あけパンチで等間隔に穴を開けていきます。

 

MiniMarquee-Process-5

 

文字の周りに、画用紙を瞬間接着剤とグルーガンをつかって止めていきます。

 

MiniMarquee-Process-11

 

裏側から電飾を通して、コードが飛び出ないようにグルーガンで固定します。

 

MiniMarquee-Process-13

 

つなぎの部分はコードがかけやすいように、穴あけパンチで半分だけ穴を開けておくとスムーズです。

 

MiniMarquee-Process-14

 

大げさすぎず、ちょこんとかわいいパーティーデコレーションの完成です。

詳しい作り方 : BRIT + CO

 

MiniMarquee-Styled-251

普段だけでなくパーティーでも活躍しそうな、おしゃれなDIYアイディア。淡い光がムーディーで、雰囲気も盛り上がりそうですね。