日本でも人気のアメリカ生まれのメイソンジャー、デザインやフォルムを活かしたメイソンジャーを使ったDIYは、アメリカでも時代に関わらずとても人気です。

今回は10月の目玉イベントであるハロウィンに備え、パーティーやお店でのデコレーションにも使えそうな、ジャーを使ったランプのDIYアイディアをハロウィン第一弾としてご紹介したいと思います。

 

材料

・ メイソンジャー

・ ハロウィンカラーのお花紙(オレンジ、ブラック、グリーン、パープル etc )

・ 黒の画用紙

・ イルミネーション用の電飾

・Mod podge アメリカ生まれのクラフト用万能接着剤( ボンドを水で薄めたもの可 )

・ ハケ、はさみ

Halloween_Mason_Jars1

 

作り方

1 .  まずはカラーのお花がみをジャーのサイズに合わせてカットしていきます。ジャーのヘリ部分から底にかけて長さを測ります。花紙は底の部分に巻き込むように接着をするので、高さプラス余裕をもってカットします。幅はだいたい2センチくらいが目安です、同じ幅の花紙をジャーのサイズに合わせて切っておきます。

 

Halloween_Mason_Jars2

 

2 . ジャーにカットした花紙を貼り付けていきます。まずはジャーの外側全体に接着剤をハケで塗っていきます。その後、花紙を一枚貼っては次を貼って…と繰り返し、ジャーを一周するまで貼っていきます。この時、次にはる花紙の片側を少し重ねながら貼っていくと、完成後の見栄えが良いです。

( ※お手本では更に外側にも接着剤を塗って、乾いた時の耐久性をさらに強化しています。 )

 

Halloween_Mason_Jars3

 

3 . 黒の画用紙をモンスターの顔型に切り取っていきます、どう切っていいかわからない方はお手本の写真を参考にしてください。

 

Halloween_Mason_Jars4

 

4 . 切り抜いた顔のパーツをジャーに貼り付け、さらに縁の部分にもちがうカラーの花紙を貼り付けます。約半日~1日十分に乾かしたら、中にイルミネーション用の電飾を飾り完成です。

 

Halloween_Mason_Jars5

 

参照元 : TUTORIAL: HALLOWEEN MASON JARS – Plucky’s-second-thought

 

▼同じ方法を使っているのですが、こちらはメイソンジャーのフタにリボンを貼ってランタン風にしています。

中にいは危険がないようにロウソクではなく、LEDキャンドルを使用しているそうです。

参照元 : the monster mash – According to kelly

IMG_05591-1024x682