NY・マンハッタンより、小さなひとり暮らし用アパートメントをご紹介したいと思います。日本のワンルームほど広さである約28㎡の室内には、ベッドやバスルーム、キッチンなどがコンパクトに集約されています。

北欧モダンとパリのアパートの雰囲気がMIXされたフェミニンな空間は、現在、ニューヨークを拠点に活動する女性インテリアデザイナー、ミーシャ・ランパート ( 英 : Mischa Lampert  )が手がけたもの。

小さな空間ながら、ゲストを招いたバージョンやプライベート用など、ベッドの配置を複数パターンに変えることができ、都会での一人暮らしの参考になりそうなテクニックが満載のお部屋となっています。

リビング兼ベッドルームの壁に、キルト柄の壁紙を用いることで、ホテルの様な高級感のある仕上がりに。これはこの部屋にとって、最も特徴的なポイントだと感じます。

lonny-3

キルト柄の壁紙は、輸入壁紙のWALPA さんでも購入可能です。

ハンドメイドのブランケットは、窓辺を温かな雰囲気に。

EHiTYkPpIMjx

部屋のデコレーションには、シンプルでかわいいタッセルを用いています。

わずかな空間にバスタブと洗面台を配置した、高級感あふれるバスルームは、エレガントな雰囲気満載です。

Wk8c55M5FItx

機能的で広めの洗面台は、収納スペースがたくさん。メイクアップ道具など、何かと物入りな女性に向いたデザインですね。

9yhuK9UnHREx

猫足でゴールドのパイプのバスタブは憧れのひとつ。コンパクトでも嬉しい演出ですね !

-9QJA-MsKGfx

普段はカーテンで目隠しできる、クローゼットスペースにはミニキッチンも完備。上の棚には、NYのロゴを模したマーキュリーライトが光ります。

e6MfpKJQq63x

ミニキッチンと言えども、棚下にはオーブンや冷蔵庫も完備し、一人暮らしの自炊には十分ではないでしょうか ?

siWZTPzPBjSx

イラスト上の数字 01 ~ 03 がふられた四角部分は、それぞれが分解でき移動できる、ソファーベンチになっています。全部をつなげれば広々としたクィーンサイズに。配置替えすれば、ラウンジソファーのようになったり、バスルーム側にゲスト用ベッドを設けることも可能です !

3typesroomplan

ゲストが泊まりにきた場合は、リビング側をシングルベッドにして、残りのソファーベンチはエキストラベッドに早変わり。

7ojQ10Brcjox

ひとりの時は全部をつなげて、広々としたベッドとして使用できます。

j5d44-DjJa1x

臨機応変に配置替えを楽しむことができる、来客の多い都会暮らしに持ってこいのデザインですね。

SzRb1_Jg32Bx

一人暮らし生活をより快適に、ラグジュアリーに楽しめる方法が、たくさん詰まったインテリアデザイン。あなたのお部屋の模様替えの参考にいかがでしょうか ?

 

 

参照元 : Mini in Manhattan – Lonny