たくさんの石に囲まれた、丘の上に建つ一軒の家。家の周りのラウンドスケープ自体は古い感じですが、家屋自体はSOHO風のオフィスとして新しく再築されています。

裏庭の古い石畳からは緑がかいま見れ、ボロボロの壁には不思議なペイントもあり幻想的な空間。この家の長い歴史を物語ります。

パネルを組み合わせてできたかのような家屋は、天井やサイドの大きな窓からも、自然光をたっぷりと引き込みます。ウッドと黒いスチールの組み合わせが、それだけでシンプルでモダンな雰囲気です。

designrulz-house-5designrulz-house-6designrulz-house-3

 

背景のパープルカラーに合わせたラグがいい感じです。ホワイトのアカプルコチェアが、メキシコのリゾートを感じさせます。

 

designrulz-house-8

 

明るい自然光がたっぷりと差し込む室内は、広々としたスタジオのような造り。丘の上の開けた眺望を望むホームオフィスや、 ダイニング、ラウンジをひとつの空間にした、SOHOっぽい使い方となっています。

 

designrulz-house-2designrulz-house-7

 

一歩外に出て石畳の階段を下ると、そこは屋外のトイレへとつながります。石造りの壁が迫力あるトイレは、伝統的な色合いの陶磁器タイルとの組み合わせが素敵です。

 

designrulz-house-10designrulz-house-12

designrulz-house-11

 

手がけたのはメキシコの建築デザイン事務所、Covachita 。6枚のパネルを重ねたようなレイヤーのデザインが、とてもユニークですね。

 

ちょっとした休憩スペースにもなる裏庭と、眺望が素敵な広々とした空間、こんな丘の上のSOHOオフィスが自分のものだったら…想像するだけで最高ですよね。

 

 

参照元 : Modern Dwelling by Covachita Taller de Arquitectura – designrulz