オーストラリアよりご紹介するのは、1900年代に建てられたというコテージをリノベーションしたお宅。花柄のレースのような外壁で囲んだボックスの家屋は、近所の家とは一風ちがう雰囲気を放ちます。

涼し気なレース部分は、オーストラリアの環境問題でもある、強い日差しをさえぎるために付けられたそう。中はベッドルームやキッズルームなどのプライベートゾーンになっています。

手がけたのは同じくオーストラリアの建築デザイン事務所 Studio 53 。90年以上もたつ古い家屋を、美しいファミリー向けの一戸建てによみがえらせました。

 

1階部分はプール付きの中庭のあるオープンリビングに。夜のライトアップも美しいレースのボックス部分は、家族のプライベートゾーンとなっています。

 

exterior-modern-residence

 

昼間は強い日差しから家を守ると同時に、かわいい花柄が壁に投影される、美しいデコレーションとしても役割を果たします。

 

 

プール付きの中庭に向けて大きく開放されたリビングは、暑いオーストラリアの夏を、涼しく過ごせる効果もありそうですね。

 

design-modern-residence

 

メイソンジャーを使ったペンダントライトが可愛らしい、キッチンダイニングは家庭的なイエローをアクセントにした、ナチュラルで明るい雰囲気。

 

modern-residence-4

 

独立したソファーラウンジは、リゾート感あふれるコーディネートとブリック壁、コンクリートのファイアプレイスなど、インダストリアルな要素もあります。

 

modern-residence-5

 

そのファイアープレイスの裏側は、実はこんな読書コーナーに。隠れ家的なスペースに、わくわくしてしまいますね。

 

modern-residence-6

 

2階への階段・廊下部分は、ハードウッドを使った高級感あふれるデザイン。

 

modern-residence-7

 

2階の窓から投影される花柄は、ステンドガラスとはまたちがう、涼し気な夏の光を感じさせます。

 

modern-residence-8

 

レースでおおわれたエレガントな外壁は、ここが家なのと自慢したくなるデザインですね。

 

modern-residence-11

 

 

参照元 : Old Workers Cottage in Australia Transformed Into Modern Family Home – Freshome