パリで建築家として活躍する、イザベルさん( l’Atelier d’Archi 所属)が、自身の自宅のリノベーションプロジェクトを公開しました。

もともと古い、修道院の一室であった場所を、大胆にも天井を壊し、ロフトにリノベーションして、愛息子と2人で仲良く住んでいます。

お部屋はダークトーンでナチュラルな雰囲気…外には、修道院の十字架を眺めることができ、まさに憧れのパリのロフトアパートメントです。

 

※記事の最後には、リノベーション前の様子もわかる動画も、紹介しております。

そちらも合わせて、ご覧ください。

 

apartment-designrulz-1

リノベーションの際に出てきた、古い木材を柱として使用した、味のあるつくり

apartment-designrulz-12

自らを『白の恋人』と呼ぶほど、白が大好きなイザベルさん

お部屋全体も、白の壁をつかっています。

apartment-designrulz-17

新しく付けた窓からは、十字架と教会の屋根が見え、とてもロマンチック。

かわいい愛息子くんの、子供部屋。

小さなお家のかたちをした、ベッドが個性的。

apartment-designrulz-5

ポップで男の子らしいカラーリングと、小物使いは、さすがパリっこですね…

apartment-designrulz-6

子ども部屋のある2階には、リビングを見下ろせるガラスの床が…

“ ママ、なにしてるの~ ”

apartment-designrulz-7

リビングから望む、小さなバルコニー。

たくさんの草花がナチュラルな雰囲気…

apartment-designrulz-2

ダークカラーの壁紙とラグが、重厚感のあるリビングルーム。

さすが、建築家の家だけに、有名なブランドのデザイン家具が並びます。

apartment-designrulz-18

▼イサム・ノグチのコーヒーテーブル、『 Noguchi Coffee Table  』
( ※こちらは本物を忠実に再現した、リプロダクト製品となっています。)


本を土台代わりにするのは、パリのおしゃれなルールでしょうか…

最近、他の海外デザインブログでも、よく見かけるアイディアです。

apartment-designrulz-4

仲良しのイザベルさん親子…後ろの暖炉のデコレーションも、参考にしたい雰囲気です。

apartment-designrulz-10

夜のリビングルームは、ダークな壁紙が、シックな装いとなります。

apartment-designrulz-16

あえて片側の手すりをなくした、階段部分・・・

これだとお部屋が、広くかんじますね。

apartment-designrulz-9

階段下の、こじんまりとしたデスクスペースも、いい感じです。

隣には、レトロな書類ケースを配置した、おしゃれな収納法。

apartment-designrulz-13

ブラックボード塗料を塗った、洗面所。

これも、息子さんがよろこびそうな工夫です。

apartment-designrulz-11

北欧デザイン家具が好きでもある、イザべラさん・・・

イームズのロッキングチェアと、壁のアートがかっこいい空間。

apartment-designrulz-14

大小のポットを並べたキッチン。

少しパープルの入ったような、ソフトグレーの壁が、優しい雰囲気です。

apartment-designrulz-19

すずしげな金魚鉢も、とてもオシャレです。

apartment-designrulz-20

▼こちらのサイトで発見しました…

Fishscape Fishbowl by Aruliden for Gaia and Gino – gSelect

 

▼リノベーションと、部屋全体の様子もわかる、l’Atelier d’Archiインタビュ―動画

少しデミー・ムーア似の美人なイザベルさん、かっこいい女性建築家です。

 

( 参照元 : Apartment in Paris by l’Atelier d’Archi – Design Rulz