こんなオフィスだったら毎日通いたーい ! そう思わせるオフィス・デザインにまた出会ってしまいました。こちらは、アメリカの広告会社、『 Pereira & O’Dell  』 のオフィスです。

ニューヨークとサンフランシスコに2つの社屋を置く、『 Pereira & O’Dell  』 のオフィスは、レンガ壁やシャンデリア、ウッドの柱を使った、おしゃれなインダストリアルスタイルが、魅力的なオフィス・デザインです。

今回はビルのワンフロアにあるNYのオフィスと、3階建てと大型のサンフランシスコの社屋、2つオフィスデザインを同時にご紹介したいと思います。手がけたのはサンフランシスコと、ポルトガルに拠点を置くインテリア・デザイン事務所、Antonio Martins です。

PereiraOdell_

こちらはニューヨークの社内デザイン。どこかアットホームな雰囲気を感じさせる、モダンなオフィスとなっています。

ワーキングスペースは、ホワイトとウッドの柱を基調としたデザインで、白にペイントされたむき出しのダクトが、エレガントなシャンデリアに馴染みます。

PereiraOdell_

ワンフロアのため、キッチンスペースや会議室なども、コンパクトにまとめられていますね。

PereiraOdell_

別の空間には、ハンギングチェアだけを置いた、ユニークなリラックスルームも完備。興味深いオフィスデザインですとなっています。

PereiraOdell_

以下の写真は、同じ広告会社のサンフランシスコのオフィスデザインです。同じようなコンセプトですが、こちらは3階建て+ロフトが付いた大型の社屋となっています。

210sfantoniomartins

吹き抜けの階段部分は、ガラスのガードでスタイリッシュに。グレーやイエローの壁のモダンな装飾やチェーン、ビンテージのドアの組み合わせが、インダストリアルな雰囲気ですね。

39sfantoniomartins

個性あふれる会議室のデザインも気になるポイント。こちらはソファーラウンジも付いており、外来客を交えたミーティングにも使える空間。

610sfantoniomartins

ワークスペースは、レンガの壁にストライプのカーペットがおしゃれな、暖かみのある空間です。

510sfantoniomartins

デスク横には広々としたリラックススペースがあり、多目的に活用できそうな空間です。

49sfantoniomartins

ミーティングルームは、ガラス張りでオープンに。デスクスペースに近く、社員同士がデイリーに使う会議室です。棚に並べられた雑貨が、クリエイティブな演出ですよね。

78sfantoniomartins

こちらは本棚の壁紙や、サンフランシスコのポストカードを照明に飾った、にぎやかな会議室。金縁で飾られたホワイトボードは、部屋の雰囲気にピッタリ合うアイディアです。

1110sfantoniomartins

クライアントとのやりとりを集中して行える、テレフォン専用のブース。

97sfantoniomartins

ユニークでポップな飾り付けがおもしろいデスクスペースは、ニューヨークのオフィスとも通じるものがありますね。

105sfantoniomartins

カラフルなロッカールーム。ボクシング用のトレーニングバックが吊り下げられています。ストレスを感じた時は、これで解消できちゃうかも !?

124sfantoniomartins

ユニークでポップなデコレーションと、レンガやシャンデリアなどの、スタイリッシュな空間のMIXが、 興味深くおしゃれなオフィスインテリア。こんな職場なら、通うのがより楽しくなりそうです。

 

 

参照元 : Working on a Saturday – desire to inspire