今回は、アントワープ王立芸術学院の所在地としても有名な、ベルギーのアントワープから、本社を移動させたばかりの、デザインスタジオ Pinkeye crossover design studio の、オフィスデザインをご紹介します。

600㎡の空間を、アーチ型が特徴のウッドパネルで区切った、シンプルなオフィス。驚いたのは、ワークスペースの横の、本格的にお酒を楽しめる、カウンターバーです。

どこを切り取っても、美しいオフィスデザインで、特に、エメラルドグリーンの壁紙の、キッチン・ダイニングスペースは、素敵な木製の照明が、天井からたくさん下がり、素敵な空間となっています。

 

詳細は以下から。

オフィスの真ん中を走る、長い共同作業テーブルがメインとなっている、ワークスペースは、フープ状の照明が印象的。

仕事帰りの一杯を楽しむための、ゴールドのバーカウンターと、ミラーを貼ったドリンク棚。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-4

ウッドパネルを、円形にくり抜いた、会議室の窓は、太字のフォントが特徴的です。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-6

会議室の壁には、白いキルティング調の壁紙を使用。ななめにカットされた、ウッドの羽目板との組み合わせも、オシャレです。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-3

ラウンジスペースは、オレンジとパープルのカラーリングで、モダンな空間です。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-8

壁の個性的な、グラフティーペイントが印象的。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-8face

壁のフレームには、アンティークのイラストを飾り、洗練された空間となっています。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-5

『エメラルドグリーン×ブラック』のカラーリングが特徴の、キッチン・ダイニング。天井のさまざまな形をした、ウッドの照明がなんともオシャレです。

Office-Pinkeye-Crossover-Design-Studio-1

同じ空間で働く、仕事仲間たちとのコミュニケーションも図れる、素敵なバーが付いたオフィスデザイン。お酒好きには、たまらない職場ですね。

 

参照元 : Office Space Combines Quirky and Casual – Frame Publishers