スペインの建築事務所、 PKMN Architectures  が手がけたこちらのアパートメント 『 All I Own House 』 は、部屋の半分を広々としたリビングスペースに、もう半分は同じ広さにキッチン、仕事のためのスタジオ、ベッドルーム、バスルームを収納した、ユニークなユニット付きのデザインとなってます。

ぎっしりとアイテムが詰まった3つの収納棚は、それぞれ500~800キロの重さがありますが、天井のスライドレールによって、女性1人でもラクラクと移動が可能です。

キッチンとして使いたい場合や、寝室として使いたい場合など、それぞれのシーンによって棚を動かし、コンパクトな空間でも楽しい生活が実現できます。

 

クライアントは同じくスペインのデザインスタジオ、ERREPILA Design Studio のデザイナーである Yolanda R. Pila さんで、この家は以前は祖母が住んでいたそうですが、現在は彼女のオフィス兼住居として活用されています。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_2

 

オフィス仲間とのミーティングに使う場合は、黒板ボード付の一番右のシェルフを右に寄せて、コーヒーテーブルと椅子を並べます。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_7

 

大きな黒板にミーティングの内容を描いたりすることもできる上、スライドドアでバスルームや他の棚を隠し、生活感のないオフィス空間を演出することが可能です。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_8

 

次は右端と真ん中の棚を寄せて、収納テーブルを引き出します。すると、どうでしょう ! キッチンと調理台が現れます !

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_3

 

収納テーブルは広々とした調理台に早変わり。これなら大人3人ぐらいが同時に調理ができ、楽しくクッキングタイムを過ごせそうです。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_11

 

料理を作ったあとは、広々としたリビング・ダイニングで食事を楽しめます。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_6

 

さらに右側に真ん中の棚を寄せて、ベッドルームとバスルーム空間を確保します。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_9

 

ベッドは収納式で簡単に引き出しが可能。広々としたセミダブルサイズで、車輪付きのサイドテーブルも出してリラックス。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_10

 

天井の照明がうまい具合に棚に隠れ、間接照明のような心地よい明かりを演出します。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_13

 

ベッドルームの片側は大容量のクローゼットになっており、衣装持ちの女子には嬉しい空間。

左側の窓は、植物が収納できる出窓で、簡単に観葉植物を出し入れすることが可能です。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_15

 

最後は一番左の棚を右側に寄せて、広々とした脱衣所付きのバスルームに。脱衣所には大きな鏡もあり、ヨガスタジオとしても使用できるそうです。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_16

 

3つの収納棚にはそれぞれ、ベッドルーム、バスルーム、オフィスなど、棚によって収納するものを分けて、使いやすいレイアウトとなっています。

 

All-I-Own-House-by-PKMN_dezeen_784_4

 

来る人や使う用途によって、レイアウトを替えながら、楽しい住居兼オフィス空間を演出する、ユニークな発想のデザインですね。

 

alliownhouse-6_670

わずかなスペースでもオフィスと住居スペースをきっぱりと分けたい…という、クライアントの想いを見事にクリアしたデザイン。コンパクトな日本の住居環境にも、ぴったりなデザインだと感じませんか ?

 

 

参照元 : All I Own House – domus , Sliding chipboard units create multifunctional space in Madrid apartment – dezeen