中央ヨーロッパ( 中欧 )スロバキアを拠点に活躍する建築事務所、 plusminusarchitects ( プラスマイナスアーキテクツ )のオフィスデザインをご紹介します。

オフィスが入居しているビルは、元々1928年のもので、チェコの建築家、 Otakar Nekvasil 氏( 1869-1933 )によって建てられたそうです。 ( Otakar Nekvasil氏は、チェコの大手建築業者で、プラハのアドリア宮殿やプラハ市立図書館などと契約し、大手銀行の取り締まり役も務めたという実業家 )

 

▼pic. plusminusarchitects ( プラスマイナスアーキテクツ )のfacebookページ

▼インパクト大のフレンチブルドックが目を引く、黒板塗料の壁。 ちょっとレトロなデザインの、ソファやテーブルがモダンです。

office-space-26

会社のアイコン的存在のフレンチブルドック。 自転車やダーツの的など、遊び心あふれるアイテムを配置。

office-space-11

ラウンジ前の広い空間が、デスクスペースです。

office-space-15

デスク上の蛍光灯のデザインも、配線がカラフルでユニークです。

office-space-14

ほどよい大きさのテーブルを4脚ならべ、使いやすく広々としたワークスペースとなっています。

office-space-13office-space-18

ワークスペースと壁を挟んだ側に、ミーティング用の机と椅子が並びます。 椅子のデザインは、一脚ずつ違うものをチョイス。

creative-office-space

パントンチェアなど、おしゃれな椅子が並んでいます。

interior-office-space

本棚の裏が、ブレイクスペースになっています。

office-space-9

コルクボードで作られたキッチンで、ナチュラルな雰囲気。

design-office-space

キッチンいはシリアルや、紅茶の缶が並んでいるのでしょうか。

office-space-7

古いレンガの壁を、上から白に塗っているのでボロボロ感があり、かっこいいですね。 壁に飾られた、アニマルスカルヘッド(ハンティング・トロフィー)との組み合わせもインダストリアル。

office-space-20

他にも、このオフィスには、レトロでインダストリアル(工業的)なアイテムが、インテリアとして点在します。

office-space-2

アメリカ生まれの、SINGER(シンガー)の工業用足踏みミシン。

office-space-19

糸までかけてあり、当時のおもかげを残しています。

office-space-22

洗面所の横にも、何やら精密機械がオブジェとして置いてあります

office-space-6

office-space-17

モダンなSOHO的なデザインの中に、レトロなソファーや工業用品を置き、インダストリアルな雰囲気を出したオフィス。

訪れてみたい…アットホームでなごむオフィスですね。  

 

参照元 : Old Flat Converted Into Highly Creative Office Space in Bratislava – freshome