イギリス・ロンドンを象徴する、『 ユニオンフラッグ 』。

日本でも人気があり、おしゃれなアイコンとして親しまれています。

 

今回ご紹介するのは、ユニオンフラッグにも使われている、ホワイト × レッド を豊富に使った、レトロモダンなお部屋。

さりげなく取り入れられた、ユニオンフラッグに注目です。

あなたは、いくつ見つけられるでしょうか…

 

詳細は以下から。

 

▼壁や床にいたるまで、ベースのほとんどは白。

Ravenscourt-House_2

ペプシのレトロなポスターや、デザイン家具の並ぶ、ユニークでおしゃれなリビング。

Ravenscourt-House_8

らせん階段をへだてて、ダイニングテーブルを配置。

椅子のクッションが、ユニオンフラッグになっています。

Ravenscourt-House_3

よく見ると、椅子はデザインがバラバラです。

2脚だけ赤と、水色を取り入れている感じが、とてもオシャレです。

Ravenscourt-House_10

ダイニングの反対側には、大きな鏡を配置。

迫力あるフレームの上に飾られた、スターのライトがアクセントに。

Ravenscourt-House_9

赤い両開きのドアが、なんともキッシュな雰囲気ですね。

ダイニング横の壁にかけられた、” LOVE “のポスターが、ダイニングにマッチ。

Ravenscourt-House_4

扉の向こうは、キッチン。

こちらも、赤のランプや椅子がアクセントに。

Ravenscourt-House_5

ロンドンの有名な広場、TRAFALGAR SQUARE ( トラファルガー広場 )と、記したプレートがかっこいいですね。

エスプレッソマシーンや、ケトルなど小物も、赤にこだわっています。

Ravenscourt-House_6

この部屋で、一段と目を引くらせん階段…赤い絨毯が、白によく映えています。

レトロなブリキのロボットたちも、ポップな印象。

Ravenscourt-House_7

階段を上ったところにも、ユニオンフラッグを発見。

天窓からの自然光も、きれいですね。

Ravenscourt-House_11

マスターベッドルーム。

白と赤の法則は、忘れずに…

Ravenscourt-House_12

なにげなく置かれた、白の鏡やイームズの、ロッキンチェアがモダンです。

白で統一された、エレガントな空間です。

Ravenscourt-House_13

子ども部屋…こちらもベースは白。

カラフルなタペストリーや、モビールがかわいらしいですね。

Ravenscourt-House_15

ロンドンの市街地近くにある、素敵なファミリーの住むお宅です。

Ravenscourt-House_16

白や赤で統一する中でも、家具のチョイスにこだわった、イギリスらしいセンスのいいお宅ですね。

 

参照元 : House in Ravenscourt with red and white thema – iDesignArch