ブラジルの大都市、サンパウロに位置するデザイン事務所、Mauricio Arruda Arquitetos & Designers は、マンション・家屋のリノベーションをはじめ、廃棄ゴミを再生したインテリアデザインなども手がけています。

今回ご紹介するのは、50年代に建てられたアパートの一室を、モダンにリノベーションした、彼らのプロダクト『 Maranhão Residence 』です。

照明などは、Mauricio Arruda  デザインの、リサイクル素材を使ったユニークなランプも含まれています。

 

 

詳細は以下から。

 

 

▼元々の部屋の壁はほとんど取り壊し、ところどころ残したコンクリートの梁がポイントの大規模リノベーション。

Residencia-Maranhao-06-800x533

広々とした200㎡のスペースには、大小2つのテイストの異なるリビングを配置。小さな2人掛け用のソファーのあるリビングは、プライベート用として利用できるスペース。

Residencia-Maranhao-02-800x1066

こちらの大きなリビング側にはビリヤード台もあり、仲間を呼んでワイワイできそうなスペースです。

Residencia-Maranhao-03-800x533

目を引く個性的なランプのデザインも、Mauricio Arruda が手がけたプロダクト。

Residencia-Maranhao-04-800x1066

配線もユニークなこちらのランプ、Luminária Parente は、収集された廃棄ガラスから作られた、ランプシェードが特徴です。

さわやかなブルーのパネルでポップな印象のキッチン。ゴールドやパープルを組み合わせた、ブラジルらしい華やかでゴージャスなデコレーション。床材にはテーマであるコンクリート色のタイルを使用。

Residencia-Maranhao-07-800x1077

コンクリート色の壁紙のチョイスや、アートにも注目。キリムラグの重ね技や、棚のリサイクルなど…真似してみたいテクニックがたくさんの空間です。

Residencia-Maranhao-08

バスルームは自然光を取り入れた、清潔感あるデザイン。椅子の上のウッドのボックスも、実は、Mauricio Arruda デザインの照明です。

Residencia-Maranhao-09-800x1129

Coleção Play! という名前のランプは、スチールの取っ手で吊り下げることもできる、ユニークなデザインです。

バスルーム上部のシャンデリアにも注目。こちらも、Mauricio Arruda  のランプデザインとなっています。

Residencia-Maranhao-10-800x1366

ウッドと廃棄されたタンクから作った、カラフルなシャンデリア、Luminárias René Descartes。デザインとカラー次第で、斬新なアイテムに生まれかわるのですね。

そしてバスルーム前は、広いラウンジスペースが広がります。床材にはシェブロン柄 ( 波柄 ) を起用し、少しレトロな印象に。

Residencia-Maranhao-11-800x1066

ブッタの銅像など、ナチュラルさと宗教文化のエスニック感が加わった、コンクリートのおしゃれな空間です。

Residencia-Maranhao-12

リノベーションやリサイクルの再生デザインにおいて、海外メディアでも注目されている Mauricio Arruda 。

サンパウロでは、月に約300トンの固形廃棄物がリサイクルされているそうです。

 

 

 

 

参照元 : Residencia Maranhao by Mauricio Arruda Arquitetos & Designers - HomeDSGN