フランス人のビジュアル・アートディレクター、Benoit Challand  氏が手がけた、Roost house ( 止まり木の家 )と呼ばれる家をご紹介したいと思います。

人里離れたスコットランドの、山奥の谷に建つCGアートの家は、まるで今にも動き出しそうなバッタのようにも見えます。

本物としか疑いようのない室内は、イームズル・コルビジェ  などのデザイナーズ家具まで、リアルに再現された驚くべき作品です。

Roost-House-by-Benoit-Challand-_dezeen_ss_1

 

CGアートには再現されていませんが、室内へは階段を使って上がる仕組みだそう。

屋根にはソーラーパネル、家の下には高さを利用したタービン( 回転式の原動機 )が付いており、すべての電力を自家発電する、エコハウスとして計画されています。

 

 

本物としか疑いようのない室内も、すべてCGアート。

絶景を眺める窓際には、イームズがデザインした、プライウッドチェアがリアルに再現。

 

Roost-House-by-Benoit-Challand-_dezeen_ss_4

 

ル・コルビジェ が、1928年にデザインした人気のリラックスチェア、シェーズロング LC4 は細部まで忠実に再現されています。

 

Roost-House-by-Benoit-Challand-_dezeen_ss_3

 

CGアートとデザイナーズ家具の、モダンな世界が見事にコラボレーション。

 

Roost-House-by-Benoit-Challand-_dezeen_ss_5

 

シーツのシワから、天然木の木目、湾曲したシャンデリアなど、すべてがリアルそのものです。

 

Roost-House-by-Benoit-Challand-_dezeen_ss_6

すべてが実現可能となったCGアートと、世界的なデザイナーズ家具がコラボした、興味深い記事となっています。

 

 

参照元 : Fantasy house by Benoit Challand perched on stilts in the Scottish highlands – Dezeen