カリフォルニア州ユタ州ネバダ州アリゾナ州にまたがる砂漠モハーヴェ砂漠(Mojave Desert)は、NASAが火星の立地に近い場所として、さまざまな研究、実験に使用されている場所です。

そう、私たちはそこに行けば地球にいながら火星を体験できる!ということなのです。その、モハーヴェ砂漠から近いジョシュアツリー砂漠に、火星を体感できる 「 sci-fi キャンプサイト 」 があります。

ここでは、彫刻家 Andrea Zettler ( アンドレア ・ツェトラー ) さんがデザインした、カプセル型のキャビンに宿泊が可能。周囲は火星、まるで宇宙ステーションを思わせる雰囲気で、まさに地球にいながら、他の惑星にいる気分を満喫できる場所なのです !

wagon

火星にいる気分でキャンプ

 

普段は彫刻家、イラストレーターとして活躍する、アンドレアさんがデザインした 「 sci-fi キャンプサイト 」 は、彼女の所有するジョシュアツリー砂漠の広大な敷地の中に12個点在しています。

エイリアンのいる環境に住んでみたい!というのは彼女の夢のひとつ。最初は、友人や仕事仲間のゲストハウスとして開始したキャビンですが、今では一年のうちの2回のみ、期間限定でアーティストやデザイナー、キャンパー、ハイカーなどの希望者をつのり、キャンプサイトを開放しています。

1stgeneration

ゴツゴツとした岩肌に点在するキャビンは、岩の中に溶け込むように意識された、カモフラージュ的なデザインが特徴です。

zittel7-1

アーティストが本業であるアンドレアさんは、ここに来た人にクリエイティブな滞在をしてほしいと考えています。

小説家は本を書き上げたり、ミュージシャンは作曲をしたり、確かにこの景色に身を置けば、何か特別なものが生み出されるような気がしますね。

WagonEncampent-pod

キャビンのとは別に、キャンプサイトには開放的なキッチンとダイニングが用意されています。

年に二度だけの貴重な機会に、この場所で出会った仲間と共に料理を出し合ったり、いろんな話をしたりと、ソーシャルな場所でもあります。

zittel6

シンプルだけど、おしゃれなアウトドアキッチン。火星に似た環境でつくる料理は、思い出のひとときとなりそうです。

zittel3

ちがう星でキャンプを楽しむというコンセプトと、年に2度のみという限定感が、さらにプレミアムな気持ちにさせてくれるアイディアです。

wagon2

アンドレアさんのキャンプ地への宿泊情報は、「 sci-fi キャンプサイト  ( 英語 ) 」 のウェブサイトからご覧いただけます。

 

参照元; Camping like an Alien – messy nessy chic