コンクリートの床に白壁の小さな箱のような空間…広さはキッチンとバスを含め 27㎡ と、日本の10帖ほどのワンルームと同じくらいで、海外にしては狭めの住居空間です。

the Mighty Mouse apartment ( 巨大なねずみのアパートメント ) と呼ばれる、この小さなアパートをデザインしたのは、オーストラリアのアーティスト、 Nicholas Gurney  。

彼のデザインする作品は狭い空間を工夫して、『 美 』 を演出する住居やレストランばかり。今、注目の若手デザイナーのひとりとなっています。

Mighty-Mouse-Apartment-01-850x565

 

本棚とキッチンの他には家具のない、男っぽくマスキュリンな空間。

 

Mighty-Mouse-Apartment-02-850x563

 

キッチンのサイドからは、ヤシの木を挟んで素敵な景観もたのしめます。

 

Mighty-Mouse-Apartment-01-1-850x1275

 

何もないように見える、本棚の横の扉を押し開くと…

 

 

そこにはベッドルームが現れます ! 赤い壁にはクローゼットも付いており、ゆったりと眠れる広めの空間となっています。

 

Mighty-Mouse-Apartment-04-850x568

 

シドニーのベイエリアに建つ、郊外のアパートメントは高台にあり、美しいビルの街並みと、ヨットハーバーを見下ろす素敵な立地条件です。

 

Mighty-Mouse-Apartment-08-850x566

小さいながらもモダンでシンプルな空間は、1人暮らしや単身の生活にとって、憧れのひとつではないでしょうか ?

Nicholas Gurney の他の作品を見たい方は、こちらのインタビュー記事どうぞ。

 

 

参照元 : Small is Beautiful: Mighty Mouse apartment by Nicholas Gurney – HomeDSGN