イギリス人デザイナー、Nick Brennan さんが手がけた、『 Sound Pegs 』 は、古いレコードや雑誌、靴、植物まで…ありとあらゆる物たちを、専用のクリップでつなぐだけで、楽器に変身させてしまう、ユニークなスピーカー。

専用のソフトウェアを通して、ドラムやピアノ、ギターなど、さまざまなサウンドを楽しめるそうです。

やわらかな質感の、木製スピーカーが奏でる豊かなサウンドは、叩くだけで日々のストレスを解消させてくれる、ユニークな発想のデジタル機器となっています。

Sound-Pegs-by-Nick-Brennan_dezeen_ss1

 

角が丸みを帯び、コロンとしたフォルムがかわいい、『 Sound Pegs 』 。

もちろん、アイフォンやパソコンにつないで、オーディオスピーカーとしても使えます。

 

Sound-Pegs-by-Nick-Brennan_dezeen_ss11

 

専用のロゴ入りバッチのデザインも、いいかんじですね。

 

Sound-Pegs-by-Nick-Brennan_dezeen_ss4

 

あれもこれもと…次々にものを挟みたくなりそうです。

 

Sound-Pegs-by-Nick-Brennan_dezeen_ss5

 

▼実際に、デザイナーの Nick さんが、、『 Sound Pegs 』 を使い、音を奏でている動画。

派手なドラムセットは買えなくとも、これなら気軽に、バンバン叩いて、ストレス解消できちゃいそうですね。

 

 

参照元 : Household objects become musical instruments with Sound Pegs by Nick Brennan – dezeen