ロシアのデザインスタジオ・ Russia’s A. Masow studio が提案している、新しいツリーハウスのアイディアは、なんと木の上という概念を捨てて、木の周りにフロアを作りガラスで囲うというもの。

現在プロジェクトは進行中で、資金が調達できればカザフスタンの森にモデルルームを建設予定だそうで、一軒あたりのコストはだいたい375,000ドルと計画されています。こちらの方法の方が従来のものより、将来的には木の保全につながるそうです。

海外のメディアでは斬新でモダンな外観が、アップルストアのデザインにも似ているとのことで、スティーブ・ジョブスも空の上でビックリしているかもしれませんね。

3032716-slide-s-tree-in-house-002

 

カザフスタンの山岳地帯に建設予定だというツリーハウス。高さ40フィートの樹木を囲い、ガラスをかぶせるタイプの新しいアイディア。

 

3032716-slide-s-tree-in-house-003

 

支柱を金属製のポールでくみ、木の周りにらせん階段をはわせるデザインは、まるで未来都市の世界です。

 

3032716-slide-s-tree-in-house-004

 

下層階にはキッチンや、シャワールームが配置される予定だそう。

 

3032716-slide-s-tree-in-house-006

 

円形のデザインが美しく、木と共に共存していくという実感がわきそうですね。

 

3032716-slide-s-tree-in-house-001

モダンで斬新なデザインは、子どもの頃遊んだ従来のツリーハウスとは全くちがう未来的なもの。将来的には地域全体に、このツリーハウスを密集して建てる予定だそうで、なんだか不思議な村ができそうな予感です。

 

参照元 : Steve Jobs Meets “Swiss Family Robinson” In Awesome Glass Tree House – fastcompany