多くの観光客で賑わう、ロンドンのコンヴェント・ガーデンマーケットの前に現れた建物が、行き交う人の足を止め注目を浴びています。

写真を見てお解りでしょうがこの建物、上と下の部分を支えているはずの柱が壊れていて、その上その後ろの壁も真っ二つに…どうやって建っているのか全く理解ができません。

この摩訶不思議なイリュージョンを考えたのは、イギリス人アーティストの Alex Chinneck さん。見ためや写真からは全くからくりが解りませんが、とにかく興味をそそる建物です。

floating-market-designrulz-1

 

建物の建設にはエンジニアやロボットなども含めた、約100人もの人( やロボット )が関わったのだそう。建物のデザインは、このマーケットの昔のランドマークをイメージしたのがとか。

 

 

floating-market-designrulz-2floating-market-designrulz-3

 

サイドや後ろから見ても、やはり支える柱や壁は無く、全くからくりが解りません。

 

 

この建物は10月終わりまで、コンヴェント・ガーデンマーケット前に展示されるそうです。

 

floating-market-designrulz-22

 

参照元 : Stunning Optical Illusion: London’s Covent Garden Market is Just Floating Away – Design ruiz

 

 

▼世界中の摩訶不思議な建物のデザインを集めてみました。

こちらの建物はドアと屋根が反対になっています !! 入り口はどこなのでしょうか !?

floating-market-designrulz-10

floating-market-designrulz-11

 

住宅地を散歩中に、角を曲がるとこんな状態に… ! 心臓に悪そうですが、道に描かれた3Dアートなのでご安心を。

Via. graffitizen

3d-street-optical-illusion-wallpapers-5235

 

グニャグニャした家。ちょっと建物に入るのを躊躇しそうです…。

Via.Randommization

crooked-house-in-Poland_2

 

グニャグニャした家パート2。

Via. infoteli

murals-2

ハロウィンの季節に合った摩訶不思議な建物の話題。あなたの街にも日頃は気づかない、建物の不思議があるかもしれません。