face022316ocean

海のゴミをリサイクルした、泊まれるビーチハウスを建設予定 !

建築デザイン事務所、 Spark のシンガポールフィスでは、世界中の海に浮遊する、何百億トンものプラスチックゴミをリサイクルするため、ビーチ沿いに松ぼっくりの形をしたコテージを作る計画を進めています。 悲しい現実ですが、毎年だれかが海に捨てた廃棄物によって、100万もの海鳥や、10万ものイルカやアザラシを始めとし...
face011715

環境に適した美しいエコハウス・デザイン in オーストラリア

オーストラリアの建築デザイン事務所、Archterra Architects が手がけた家、『 Bush House ( ブッシュハウス )』 は、40~60年代のカリフォルニアのケース・スタディ・ハウスからヒントを得た、環境に適した美しいデザインが特徴的です。 家が建っているのは、オーストラリア特有の木々が生い...
face011215beams2

極上の座り心地を追求 ! 世界初のアイビームチェア

Beams  Chair ( ビームスチェア )は、ドイツ・ベルリンのインテリアデザイン事務所、EAJY Design Studio が手がけた、世界ではじめてのアイビームチェアです。 アイビームとは、断面がアルファベットの I 字形をした棒状の鋼材を指し、主に橋などの構造に使われています。さて、この溝のある赤い...
face010615dining

廃材をリサイクル!多目的に使えるマルチなガレージ in ドイツ

ドイツの建築デザイン事務所、 Wirth Architekten ( ヴィルト ・ アーキテクト )が、郊外に住む牧場主の家のためにつくったのは、嵐で倒れた木や、火事で全焼してしまった納屋に使われていたレンガなどを、リサイクルした素材で作ったガレージです。 わざと隙間を空けて並べたレンガの壁は、熱帯地方の住居に使...
face120115forestreg

コンクリートジャングルを本物のジャングルに !? 森と住居を一体化させたマンション

ビルだらけの都会の街並…灰色のコンクリートジャングルが、本物のジャングルになる日はそう遠くないようです。 イタリアの建築家 Stefano Boeri が、二年後の 2017 年から建設工事を開始する予定のプロダクト、『 Vertical Forest  』 は、マンションと森を合体させた、夢の様なコンセプトが話...
face112715contena

どこでもマイホームを即建設 ! 人にも自然にも優しいコンテナハウス

コロンビアの建築デザイン事務所、COLECTIVO CREATIVO  がデザインしたのは、たとえ資材を運ぶのが困難な場所でも、材料が運びやすく組み立てる手間もシンプルなコンテナハウス 『 VIMOB 』 です。 パッチワークのようにパネルを組み合わせた外観は、モダンでオリジナリティあるデザインかつ、材料が小さい...
100915facemoney

え~?お金を切り刻んで椅子に !? 斬新なエコチェア in イギリス

私達の生活にかかせない “ お金 ”。しかし、価値がなくなれば、ただの一枚の紙切れとなります。ほとんどの紙幣は、その価値がなくなってから、少なくとも18ヶ月以内には焼却処分されているそうです。 しかし、世界中にあふれる紙幣…回収して燃やすとなると、どれだけの量が毎回廃棄されるのでしょう ? お金も大切な地球の資源...
071915facesunpower

発展途上国の環境改善にも !? 太陽熱を利用したバーベキューグリル in アメリカ

『 Wilson Solar Grill ( ウィルソン ソーラー グリル ) 』 は、文字通り太陽光を使ったバーベキューグリル。炭やプロパンガスを使わず、環境にも配慮したものです。さらに貯められた太陽熱は、BBQに最適な228度に達し、25時間以上もの調理時間に対応するなど、実用的なものとなっています。 開発を...
070115face1

もったいない ! 食べ残しを減らして地球環境を守るリサイクルプレート

実は、日本は世界一食べ物を捨てている国だと言われているのをご存知でしたか ? 日本全国の1年間に出される食品廃棄物は、約2189万トンにもおよび、国民一人あたりにすると約171 kg にもなるそうです。 とある調査では、家庭から出る生ゴミの約7割が調理くず( 野菜の芯など ) で、約3割が食べ残しや手付かずの料理...