日本でもお馴染みのコスメブランド、ザ・ボディショップが、イギリスのクロイドンに新本社オフィスをオープンさせました。

新オフィスのデザインを手がけたのは、イギリスのMaris Interiors。デザインのコンセプトは「グローバルであること」。世界中に何千店舗も構える、巨大コスメブランドならではのテーマです。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_10-2-700x4661976年に主婦のアニータ・ロディックが創業したザ・ボディショップ。たった15品ほどの品揃えからはじめた店が、瞬く間にグローバルな企業へと発展しました。

▽創業者である、アニータ・ロディック

夫がアメリカに単身赴任している間に、娘と一緒に第一号店を開店させたという、やり手の主婦実業家です。70年代にオープンした店舗は、ロゴもヒッピー風の丸みを帯びた感じです。

初期の頃から、このロゴマークはお馴染みだったようですね!

thebodyshop03_1

image ; COLLINS234

こちらが現代のストアデザイン。ロゴもシンプルになり、店内もスタイリッシュで洗練されたイメージです。

the-body-shop-exterior-new-store

image ; WWD

さて、新デザインで一心した、イギリス・クロイドンの本社オフィスデザインの紹介に戻ります。
本社10階のレセプションは、ゲストと迎える側の壁を一切なくすことをテーマにした、開放的でオープンな空間です、。

マルチカラーのウッドラインが美しいカウンターの背後には、大きなモニターがワイドに広がり、ナチュラルとテクノロジーという二つの要素が、現代におけるブランドのイメージを演出しています。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_14-700x497

やわらかいイメージのピンクを用いたミーティングブース。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_4-2-700x465

ロンドンの街角にありそうな、おしゃれなカフェテリアには、イギリスの国旗のガーランドが飾られ、にぎやかな雰囲気です。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_18-700x465

街角のバーでお馴染みのテーブルサッカーで、休み時間は仲間とストレス解消です。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_7-700x484

一方、会議室ではグローバルなゲストを迎え、真剣な会議が繰り広げられています。広々とした会議室には、大きなサークル型の照明がふたつ。それを囲むようにテーブルが配置され、一体感のある空間に仕上がっています。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_9-2-700x465

オフィスのいたるところで見られる、小ミーティングスペース。ガラスの壁にはナチュラルなリーフ模様が。自然をイメージさせるポイントが社内にはあふれています。さすが、自然の原料をベースにした、ナチュラルなコスメを開発する会社ならでは。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_12-2-700x466

インコたちが小枝にとまる、可愛らしい壁紙の前のソファーコーナー。

workspace-environment-_-the-body-shop-hq-_-maris-interiors-llp-_2-2-700x543

参照元 ; The Body Shop Headquarters – Croydon – Office Snapshots