2014年1月6日から9日まで、アメリカ・ネバタ州ラスベガスで開催された、世界的家電ショー、 CONSUMER ELECTRONICS SHOW 2014 ( 通称、CES )。世界中の家電メーカーが集まり、一同に新作プロダクトを公開する、新年恒例のエキシビジョンです。

その中でも本日は、近い未来に実用化されそうな、注目のキッチン未来家電プロダクトを、いくつかまとめてご紹介したいと思います。

 

 

Whirlpool 20/20 Interactive Cooktop

 

アメリカの家電メーカー、 Whirlpool’s 社が考案した、タッチパネル付のカウンタートップは、オンラインでレシピを閲覧しながら調理をしたり、ピンタレストのお気に入り写真をテーブル上にデコレーションしたり、音楽配信サイトと提携し、好きな音楽を流せたり…と、インターネットの世界と料理をつなげたカウンタートップです。

 

 

そして、さらに未来的なのが、カウンターに鍋を置きタッチすることで、温度を測り適温に保ってくれるという、すぐれた機能も備えているそう。

一般家庭から料理教室、レストランなど、幅広い活躍が期待されそうな注目家電ですね。

 

Whirlpool 20/20 Connected Refrigerator

 

同じく、Whirlpool’s 社が考案した、タブレットを通して、家じゅうの家電を管理できるアプリも話題に。

冷蔵庫の在庫を登録し、賞味期限や温度などを管理できたり、食洗機やオーブンの温度を調節できたり…と、タブレット一台で、部屋の家電をオーガナイズできる、優れたアプリです。

 

52d3f5e1dbfa3f2eb4004494._w.540_s.fit_

 

 Samsung Chef Collection Refrigerator

 

韓国のSamsung が今年春発売予定の、4ドアの冷蔵庫は、Sodastream ( 水を炭酸飲料に変えるシステム )とフューチャリングし、右下のパートは、冷蔵・冷凍に切り替えられるという、便利で機能的な冷蔵庫です。

 

52d3f5dcdbfa3f2ebd004587._w.540_s.fit_

 

Lynx Smart Grill

 

アウトドア専門のキッチンメーカー、Lynx の次世代バーベキューグリルは、専用のアプリを通して、焼け具合を携帯にテキストできる優れもの。

さらにはレシピを友達にシェアしたり…と、BBQ がより楽しくなる仕組みです。

 

52d3f5dbdbfa3f2ec2004520._w.540_s.fit_

近未来に実用可能な、未来のキッチン家電たち。アプリやスマートフォン・タブレットと連携した、よりスマートな機能に興味がわきますね。

 

 

参照元 : Back from the Future: A Few Cool Kitchen Innovations from CES 2014 – the Kitchn