アメリカ、オレゴン州ポートランドはモバイルハウス、マイクロ ( タイニー )ハウス のメッカと言ってもいいほど、小さなトレーラー型のハウスがブームのようです。(関連記事; dwell現地リポート 

モバイルハウスのコミュニティを使った、新たなビジネスとして誕生したのが、自分の好きなスタイルのモバイルハウスを選んで宿泊できるという、「ポートランドのホテル、『 Tiny Digs Hotel 』。

ビーチテイストや牧場のバーンハウス風、竹を使ったバンブー・アジアンテイスト、モダン、ジプシーワゴン風など、ユニークな6つのスタイルが並びます。

tiny-digs-hotel

Tiny Digs Hotel の魅力

タイニーディグスホテルはモバイルハウスを愛する、ポートランド在住のオーナーたちによって創立。元々は古いカーディーラーの敷地だった場所に、全部で13戸のモバイルハウスの客室が用意されています。

中央の広場にはファイアーピットがあり、夜はゲスト同士で焚き火を囲みながら、交流を深める場所としても使えます。

また、フードトラックやライブミュージックなどのサービスもあり、アーティスチックな街として知られる、ポートランドの夜を楽しむには、最高のロケーションです。

499cfa_0fa79f94ccd441cfb1c8fed2c33b62d0

6つの異なるテーマでつくられたモバイルハウス。どの部屋もインテリアが特徴的です。
部屋にはキッチン、トレイ、バスルームはもちろんのこと、クィーンサイズベッドや Wi-fi なども完備。部屋は、タイニーハウスを極めたオーナーたちによってコーディネートされており、宿泊客に実際に住んでいる感覚を味わってもらおう!というコンセプトのもと建てられています。

tiny-digs-hotel-5

こちらはビーチをテーマにしたハウスのキッチン・ダイニング兼リビングルーム。
白とブルーを基調としたスタイルが、西海岸っぽくて素敵です。tiny-digs-hotel-6

ビーチテイストの玄関と、バーンハウス(ファームハウス風)の部屋の玄関ドア。どちらもテイストが良く表現されていて、とても可愛らしいデコレーションです。

tiny-digs-hotel-10

バーンハウス(ファームハウス風)のベッドルーム。ロフト上に確保されており、クィーンサイズの広々としたベッドでゆったりとできます。

tiny-digs-hotel-3

バーン(ファームハウス風)の外観。屋根の形状が牧場っぽいデザインです。

tiny-digs-hotel-4

こ珍しいアジアンテイストのモバイルハウス。バンブー(竹)を素材に使っています。

tiny-digs-hotel-1

階段やすだれの天井・壁など、和テイストを感じる粋なデザイン。階段下の収納は、日本の古風なたんすをイメージさせます。

tiny-digs-hotel-8

すだれの天井やエスニック風のランプで、落ち着いた雰囲気のベッドルーム。

tiny-digs-hotel-9

リゾートヴィラチックな心地よい空間で、リラックスした滞在を楽しめそうです。

tiny-digs-hote-7

一泊のお値段は通常のホテル同様、日本円で約1.5万円~だそうです。モバイルハウスに住んでみたいけれど、いきなり作っちゃうのは…という人は、実際に宿泊して、暮らしを体験してみるのもいいのでは ?

 

Tiny Digs Hotel の詳細HP;http://www.tinydigshotel.com/the-hotel

参照元;Portland’s new hotel embraces tiny house trend with different themes – homecrux