カナダ・トロント在住のインテリアスタイリスト、Sarah Gunn さんが手がけた、素敵な子ども部屋のリノベーションをご紹介です。

アイスバーの様な、ソーダ―カラーに近いターコイズブルーと、相性のいいコーラルピンクがアクセントのガールズ部屋。

幼さが残るぬいぐるみいっぱいのお部屋から、少し大人に近づいた、ティーン部屋への大変身…

 

 

気になる詳細は以下から。

 

 

i-NgjsHHR

二段ベッドが窮屈そうな前のベッドスペース。

アフターは白いベッドに、爽やかなターコイズのシーツと、ポップなアルファベッドクッションがティーンらしい雰囲気。

デスクスペースは、ターコイズブルーとコーラルピンクに、ベースカラーの薄いグレーを入れ、バランスの取れたカラーリング。

デスク前の壁は、自由に使えるボードを設置して、何かと便利な空間に。

i-SVrg5dV

スッキリとしたデスクの横には、収納も兼ねたベンチも設置。

藤素材のアルファベットが、子どもっぽさを感じさせません。

ベンチは、収納ボックスにクッション素材を敷いた、簡単なハンドメイド。

i-PZgsNzQ

ぬいぐるみでデコレーションされていた本棚のアフターにも注目。

段数を増やし、成長と共に増える本にも対応。

飾り方も大人っぽさを意識した、シンプルなデコレーションです。

▼インテリアスタイリスト、Sarah Gunn さんのWEBページ

すっきりとした印象になった、子ども部屋のリノベーション。

IKEAのペンダントランプなど、真似してみたい北欧テイスト家具も魅力的です。

 

 

 

 

 

参照元 : Sarah Gunn Style – Houes of  Turquoise