オランダ・アムステルダムを拠点に活動する建築事務所、 van dongen-koschuch  が手がけたのは、19世紀に建てられたレンガ壁のビルの再生。

今では約550人の観客を収容できるコンサートホールと、リハーサルルーム、カフェ、住居を含む、クリエイティブでカルチャーの中心的な、街のシンボルとして生まれ変わりました。

オランダでは外見は古くとも、中身がモダンなリノベーションデザインがたくさん見受けられますが、今回ご紹介する物件のかっこ良さには驚きを隠せません。

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-03

 

建物は入ると、大きな吹き抜けのホールと階段スペースが広がります。エントランス上のガラス張りのフロア3階分は、居住空間となっています。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-02

 

住居部分からはエントランスホールと階段、リハーサルルームがガラス越しに見えますが、プライベートを重視したいときには、カーテンで目隠しができるようになっています。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-05

 

倉庫風の室内にはダイニングとキッチンもあり、キッチンのカウンターにはリビングのソファーと同じ、キャメルカラーでコーディネートがされています。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-04

 

上のロフト部分はベッドルームに。それぞれの部屋の窓や天井には、ネオン管の照明を使い、外から見ると室内がブルーに光って見えます。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-06

 

同じ建物内には550人を収容できる、大きなコンサートホールもあります。住居スペースもあるため、リノベーションで特に重視されたのが防音対策だそうです。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-07

 

通りに面した1階には、大きな窓ガラスが目立つカフェもあり、コンサートを聞きに来た人などで賑わいます。

 

van-dongen-koschuch-poppodium-grenswerk-venlo-designboom-09

新しい街のラウンドマークとして、息を吹き返した古いビルディング。大きな窓からは中の様子がかいま見れ、それが返って通りの人の興味を引きますね !

 

 

参照元 : van dongen-koschuch renovates urban block in the netherlands – designboom