ロンドンの高級住宅地、ノッティングヒルに位置する、ウエストボーン教会の一部分が、この度、建築事務所 DOS Architects によって、豪華な400㎡の、現代風のロフト付き物件に、リノベーションされました。

ビクトリア朝の、アーチ型の窓が特徴的な、こちらの歴史的な教会は、1853年に建造。存在感のある美しい外観はそのままに、中身は見事な現代風にアレンジされました。

レトロな教会の窓と、モダンな家具の組み合わせが、絶妙にマッチし、教会ならではのデザインを、そのまま活かした、エレガントな雰囲気の、インテリアコーディネートとなっています。

 

詳細は以下から。

 

Westbourne-Grove-Church-Loft_4

ビビッドなピンク×パープルの組み合わせが、エレガントな雰囲気にマッチしています。

Westbourne-Grove-Church-Loft_5

分厚いガラスで出来た階段。透明感があり、空間になじむ美しいデザインです。Westbourne-Grove-Church-Loft_8

Westbourne-Grove-Church-Loft_6

デスクのスタンドライトを、そのまま大きくした様なデザインの、巨大なスタンドライト。とても存在感がありますね。

Westbourne-Grove-Church-Loft_7

Westbourne-Grove-Church-Loft_9

白×黒のモノトーンでまとめられた、キッチン・ダイニング。

Westbourne-Grove-Church-Loft_10

ダイニング横の壁の一部分は、黒板塗装がされています。家族のスケジュールを描いた、イラストもかわいらしいですね。

Westbourne-Grove-Church-Loft_11

スポットライトが美しい、明るいキッチン。大規模な収納ですっきりとした見た目です。

Westbourne-Grove-Church-Loft_12

バスタブとベッドルームが一緒の空間にある、憧れのデザイン。

Westbourne-Grove-Church-Loft_13

ベッドはキングサイズ。壁側は全て収納のクローゼットに。

Westbourne-Grove-Church-Loft_14

洗面台の大きな鏡の、ライティングもすごくオシャレです。

Westbourne-Grove-Church-Loft_15

クッションの柄と合わせた、ブルーのパターンを使ったカーテンが、高級感のあるアクセントになっています。

Westbourne-Grove-Church-Loft_16

美し窓のデザインと、猫足の脚の椅子の組み合わせが、絵になります。

Westbourne-Grove-Church-Loft_17

この窓に、このバスタブあり。こちらもブルーのファブリックが、アクセントに。

Westbourne-Grove-Church-Loft_18

大きな窓からは、ノッティングヒルの街並みをのぞめ、映画のワンシーンを見ているかのような日常です。

Westbourne-Grove-Church-Loft_19

ガラスのコーヒーテーブルに、窓からの光が透過した、美しい光景。

Westbourne-Grove-Church-Loft_20

重厚なビクトリア朝の、街のシンボルでもある、ウエストボーン教会。

Westbourne-Grove-Church-Loft_1

緑で塗られた部分が、今回のリノベーションを行った部分です。

 

間取り図です。

Westbourne-Grove-Church-Loft_22

現在も、日曜日にはミサも開催される、街の人の憩いの場でもある教会の、一部分を改築した美しいレジデンス。この教会の、一番の大きな窓を活かした、広い造りに圧巻の、エントリーです。

 

 

参照元 : Westbourne Grove Church Transformed Into Stunning Modern Loft – iDesignArch