スウェーデンの首都 ・ストックホルムの、北西に位置するグスタフ村より…

のんびりと農場生活を送る、素敵な家族のお宅をご紹介です。

 

 

▼もともと両親が営んでいた農場の古いお宅を、5年かけてリノベーション…

オーナーご夫婦の旦那さんは、フリーのカメラマン。

インテリアに興味のなかった奥さんは、この家に住むと決定した時から、リノベーションやインテリアに没頭し始めます。

ブログでリノベーションの過程を記したのがきっかけで、スウェーデンでも話題の家となったそう。

一番最初に修復をはじめたのが、こちらのキッチン。

白いシェルフは、ドイツ製のアンティークのもの…

こだわりは、北欧デザインに良く見られる、さまざまなデザインの椅子を並べたダイニング。

2a

イギリスの、チェスターフィールドのソファーが中心に置かれたリビング。

ヤシの葉で編んだラグが、ナチュラルな部屋の雰囲気にマッチします。

中央のコーヒーテーブルは、1970年代のもので、母親から引き継いだものだそう。

16a

こちらも白にこだわった、夫婦の寝室。

ベッドは古い病院のものだそうで、真鍮の部品を使ってアレンジ。

シャビーシックなベッドルームとなっています。

21a

2階部分のお部屋です。

梁に飾られた、馬の鞍やアンティークなシャンデリアが、ラスティック感を出しています。

手前のスケルトンのテーブルは、Kartell( カルテル )社のもの…

sss1

古い敷居や床材は、使えるものはそのまま残してあります。

ナチュラルな木目調は、カントリーライフの醍醐味ってかんじですね。

31a

子どもたちのために作られた、ツリーハウス風の小屋とハンモック。

こんな緑の中で、幼少期を過ごせるなんて…羨ましいかぎりです。

50a

もともとは黄色だった外観も、ライトグレーにがらりと変え、家の中も真っ白に仕上げたこだわり…

5年の歳月をかけてリノベーションをした、農家風のお宅は、フレッシュな印象です。

リノベーションのポイントは、テーマを固めることだったそう。

ぜひ、参考にしたいですね…

 

 

参照元 : Gården i Gustafs – lantliv