あなたのマイホームの窓辺は、一体何が置いてありますか ? ちょっとした配置換えによって、いつもの暮らしががらりと変わる ! そんなテクニックをご紹介したいと思います。

日当たりの良い窓際にソファーやベンチを持ってくることで、読書をしたり外の景色を眺めたりと、家の中で自分だけの癒し系スポットを作ることができてしまうテクニック。海外では『 ウィンドウシート 』 と呼ばれる人気のスタイルです。

今回もさまざまな海外デザインブログから、あなたのインスピレーションを刺激するような、美しい窓際の実例をまとめてみました。あなたの模様替えのヒントになるものは見つかるでしょうか ?

 

 

Home and office decoration ideas

bay_window_seat_ideas_contemporary_home_design__terrific_ideas_in_building_a_bay_window

木のフレームを大きな窓にはめて作った、広めの窓際スペース。外には静かな森の光景が広がります。フレームの上はロフトスペースとしても利用できそうですね。

 

 

decor pad

ナチュラルスタイルのリビングの、コーナー窓に作ったウィンドウシート。植物の多い部屋に合わせて、グリーンのクッションシートやピローを使っています。

 

 

Yellow trace

Edwardian-House-by-Robson-Rak-Architects-Yellowtrace-09

こちらも緑を望むナチュラルな窓際スペース。グレーとホワイトのクッションを、交互に使ったテクニックも参考になりそうですね。

 

 

bwjags

interior-terrific-modern-window-seats-design-showcasing-comfy-bed-seats-with-creamy-brown-stone-furniture-and-fancy-sofas-also-rounded-glass-table-featuring-wooden-flooring-ideas-ideas-for-window-se

脚をのばしてくつろげそうな窓際のソファースペース。こんなゆったりとした光景を見つめながら、1日お昼寝していたいですね。

 

 

decorstate

オーシャンビューを望むホーム・オフィスの中のウィンドウシート。ちょっと一眠りしたいときに使えそうです。

 

 

LILI

こちらはデスクとウィンドウシートを一体化させたスタイル。シート下は引き出しになっているので、収納も同時にでき便利なデザインです。

 

 

Terrat Elms

terrat-elms-ritz-carlton-residences-3

こちらはボストンのリッツ・カールトンホテルのウィンドウシート。言葉を失いそうな絶景をバックに座る極上の空間です。

 

 

VIP WORKS

美しい雪山を望む最高のウィンドーシート。上部からも自然光が差し込み、ひなたぼっこに最適なスペースです。

 

 

Home room design

キッチンそばの窓際に作られたベンチコーナー。ちょっとした買い物の荷物を置いて一息ついたり、ここでレシピ本を眺めたりしても良さそうです。

 

 

Design Rulz

reader-corner-window-seat-designrulz-016

狭めのダイニングスペースも、窓際にコーナーベンチを備えれば、デッドスペースを有効利用できてしまいます。

 

 

Interior Design Blogs

59[

モロッコのウィンドウシートデザインは、背の高いラタンの窓がエキゾチックでおしゃれです。カーテンを付けることで、プライベート感が増しますね。

 

 

Woohome

目の前は真っ青な海、こんな理想のウィンドウシートに横たわりたいです・・・。

 

Impressive Interior Design

n29

こじんまりとした窓のスペースも、本棚とクッションを置けば自分だけのライブラリースペースになっちゃいます。

 

 

Design Rulz

reader-corner-window-seat-designrulz-029

床下を掘り下げた豪華なウィンドウシートデザイン。木目がとても美しく外の緑ともマッチしています。

 

One kind design

Window-Seat-Ideas-13-1-Kindesign

古い木材で補強したたウィンドウシートスペース、クッションシートのテキスタイルもおしゃれですね。

 

 

Esspey

向い合っておしゃべりができる、ブース型のウィンドウシート。音楽をかけながら、パートナーや友達と自宅でティータイムもいいですね。

 

 

アイキャッチ画像 : desire to inspire