アウトドア

090315faceminitentpod

大人数のキャンプ向け ! つなげて使える仲良しテント 『 POD TENTS 』

夏の残暑も終わりに近づき、涼しくなってきたこの季節。屋外でも過ごしやすく、早い山奥では紅葉が見られるところも !  一年の中でも秋のはじまりは、キャンプに最適なシーズンではないでしょうか ? 今年のシルバーウィークは、キャンプで仲間とにぎやかに ! という計画にもおすすめしたい、ユニークなテントがあります。 『 ...
face080815

Airbnb ( エアビー・アンド・ビー )のキャンプ版、Hipcamp ( ヒップキャンプ )が全米で大人気 !

アメリカといえば、数々の雄大な国立自然公園や美しいビーチなど、そこでキャンプをしてみたい ! という人も多いのではないでしょうか ? 『 Hipcamp ( ヒップ キャンプ )』 は、全米50州の中から、誰でも簡単にキャンプ場を探すことができる、いわばAirbnb ( エアビー・アンド・ビー )のキャンプ場版のような...
072815faceamsterdamcamp1

【 Airbnb エアビーエヌビー】 ビーチキャンプ場でモダンな宿泊を ! in オランダ

オランダ・アムステルダムの人工島アイブルフ( IJburg )で、アーバンキャンプサイトというユニークなキャンプ場がオープンしています。テーマはミニマルで芸術的な都会のキャンプ場。 リサイクル素材などを使った、斬新なデザインのカプセル型宿泊施設は、地元デザイナーの手がけたアート作品。しかも、それぞれの宿泊施設は、 Airbnb ( エアビーエヌビー ) から宿泊予約が可能です ! アムステルダムといえば美しい教会や運河、古いレンガのヨーロッパ風の街並みがイメージですが、ここはアイ湖と...
072515faceskate1

スケボー後は冷たいビール ! スケーターライフを知り尽くした収納シェルフ

スケートボードを飾りながら収納できる 『 Wall Ride ( ウォール ライド ) 』 は、スケートボードをクールにディスプレイしつつ、収納もできるスタイリッシュなシェルフ。汚れたウィールで壁を汚すこともないので、賃貸住宅にもオススメです。 収納方法は、ウィール( 車輪 )の部分をスライドさせるだけ、簡単にボ...
071915facesunpower

発展途上国の環境改善にも !? 太陽熱を利用したバーベキューグリル in アメリカ

『 Wilson Solar Grill ( ウィルソン ソーラー グリル ) 』 は、文字通り太陽光を使ったバーベキューグリル。炭やプロパンガスを使わず、環境にも配慮したものです。さらに貯められた太陽熱は、BBQに最適な228度に達し、25時間以上もの調理時間に対応するなど、実用的なものとなっています。 開発を...
070915face2perucapsules

ロック・クライミングで行く ! 岩山の極上カプセル型スイート in チリ

ナスカの地上絵やマチュピチュなどと共に、世界遺産に登録されるペルーのクスコ。都市から少し離れた郊外の、岩山に吊り下げられたカプセル型ホテルを目指す、ユニークな " 冒険 " ツアー が話題となっています。 このツアーは初心者でも参加が可能で、ゲストはレクチャーを受けた後、400mにおよぶ急勾配の岩山を、ロック・クライミングしながら目指します。無事にホテルに辿り着くことができれば、ベッドやバスルームなどが備わった、ガラス張りの客室に滞在が可能です。 ディナーや朝食は、熱々の料理を届けて...
062515face1

これ一箱でどこでも料理可能 !? 本格的ポータブル・キッチン 『 Camp Champ 』 in オーストリア

どこでもキッチンが開ける ! このボックスひとつさえあれば !   Camp Champ ( キャンプチャンプ )は、機能的かつ収納力を兼ね備えた、本格的なアウトドア用ポータブルキッチンです。 ボックスを広げると、中にはコンロや食器、スパイス棚、包丁をはじめとした調理器具、ゴミ袋をかけるラックが完備されており、あ...
060115face3

これからは遊べる家が主流に ? 大自然を満喫できるツリーハウス in アメリカ

これからの時代は、遊ぶことを中心とした家が増えるのかもしれない。ニューヨーク郊外、大きなハドソン川を望む、緑豊かな土地に建てられた小さなツリーハウス。 『 Playhouse ( プレイハウス )』 と呼ばれるこのツリーハウスは、その名の通り遊ぶことを中心に考えられた家。中には大きなスチールの滑り台や、勉強机代わ...
051815face1

2万枚もの紙で作られた !? 英国湖水地方の赤い紙の橋 in イギリス

イングランドの英国湖水地方 ( The Lake District ) は、ピーターラビットの舞台ともなった、美しい原風景に出会える場所。 かつては馬が荷物を運んで渡った、この渓谷の小川の歴史的背景に感動し、イギリス出身のアーティスト Steve Messam ( スティーブ・メサム ) 氏が作ったのは、なんと 2万枚もの赤い紙で作ったユニークな橋 『 Paper Bridge ( ペーパーブリッジ )』 です。 英国湖水地方 ( The Lake District ) が、観光促進...