ヨーロッパ

face073116cheer

大きな窓を付けることで、光で一杯になったリノベマンション

スペイン・バルセロナ、1960年代に建てられたマンションのリノベーション。築40年超えのマンションを変身させるための、有効なアイディアは、大きなスライド式の窓を設けたことでした。 光の入るリビングとベッドルーム側に、大きな窓を設けることで、アパート全体に光を反射させ、明かりを取り入れるというプロジェクト。光を反射...
face071416minimarist-office

街をアーティストでいっぱいに ! プレハブ型簡易オフィス in ロンドン

クリエイティブな発想は作業場から生まれる。そう、考えたのはロンドンがベースのデザインスタジオ、Minima Moralia です。 ロンドンといえばファッション、音楽、さまざまなクリエイティブが広がる街。しかし、アーティストにとってアトリエの確保は、資金調達などの金銭面からも、なかなか難しい問題で山積みです。 ...
face061416familycheck

ギンガムチェック柄のタイル床がポップな邸宅 in ポーランド

ポーランド・ワルシャワにあるこちらの邸宅は、キッチンとリビングとを隔てる、黒板調の大きなパーテーションと、2016年春夏のファッショントレンドでもある、ギンガムチェックのタイル床が、インパクトを与えるインテリアデザインです。 若い夫婦とその子どもたちが住む2階建ての間取りは、白を基調とした北欧モダン×インダストリ...
face120915ams

省エネでエコフレンドリーなファミリーハウス in オランダ

『 Kea Boumanstraat 』 は、オランダ・アムステルダムの建築デザイン事務所、MEESVISSER が手がけた、エコハウスプロジェクトです。 2人の子どもを持つ、4人家族が住む3階建ての邸宅は、ナチュラルなウッドをふんだんに使った、明るい雰囲気のモダンなデザイン。 ソーラーパネルを利用した自家...
face053116glass

MVRDV がベネチア国際建築ビエンナーレで披露した透明なキッチン

オランダを代表する建築デザインスタジオ、 MVRDV が ベネチア国際建築ビエンナーレで披露した透明なキッチン、『 Infinity Kitchen 』 が話題となっています。 スケルトンなガラスボディが特徴のキッチンは、「 キッチンのすべてをクリアに 」 をコンセプトに、ふだんキッチンではどんな食材が、どのよう...
face052716hotel

パトリシア・ウルキオラのインテリアを堪能できるホテル

「 Room Mate Hotels 」 はヨーロッパ、北米・南米を中心に、好立地なロケーションにおしゃれなデザインと、リーズナブルなホテルをチェーン展開する、スペイン発のホテルグループです。今年( 2016年 )3月にオープンしたての、『 Room Mate Hotel Giulia 』 は、イタリア・ミラノの斜塔で...
face052216treeoffice

まるで巨大な木 !? エコでインパクトあるオフィスデザイン

スペイン・アンダルシア州のマラガという街は、地中海に面するリゾート地としても有名なエリアです。その街の建築デザイン事務所、CSI-IDEA Building のオフィスは、まるで巨大な木のようなフォルムが印象的なデザイン。 緑で覆われた壁は、周囲の木々と美しい街の景観に馴染む、インパクトある外観です。さらに、オフ...
face052116diptyque

インテリアとして魅力大 ! ディプティック・キャンドル

人気の 『 Diptyque ( ディプティック ) フレグランスキャンドル 』 は、その心地よく上品な香りに加え、美しいラベルデザインも特徴的です。海外のサイトを検索してみると、使い終わった後に空き瓶を再利用している人を多く見つけました ! 今回は、ディプティックブランドについてや、使い終わった後にビンを再生す...
face0512016jellycan

ビンテージの給油缶、『 ジェリ缶 』 がモダンなキャビネットに !

かつては第二次世界大戦中に、戦地でミリタリーがガソリンの給油のために使っていた、スチール製の給油缶、通称 「 ジェリ缶 」 。インテリアとはほど遠いと思われそうなアイテムが、ラグジュアリーなキャビネットとして生まれ変わりました。 『  Jerry Can Bar Cabinet 』 は、デンマークの Denmar...