リサイクル

070115face1

もったいない ! 食べ残しを減らして地球環境を守るリサイクルプレート

実は、日本は世界一食べ物を捨てている国だと言われているのをご存知でしたか ? 日本全国の1年間に出される食品廃棄物は、約2189万トンにもおよび、国民一人あたりにすると約171 kg にもなるそうです。 とある調査では、家庭から出る生ゴミの約7割が調理くず( 野菜の芯など ) で、約3割が食べ残しや手付かずの料理...
060115face1

コーヒーから出来たコーヒーカップ !? 環境を考えたエコ・プロダクト in ドイツ

ローストした豆を挽いて淹れた、香ばしいコーヒー。年間消費量は、全世界で約 5000億杯にのぼるそうです。さらにコーヒーをドリップした時にでる残りカス…その廃棄量は世界でどのくらいの量になるのでしょうか ? 簡単には想像できませんが、間違えなくかなりの量になりそうです。そのコーヒーの残りカスに、リサイクル価値を見出...
053015face2

板をクリップで挟むだけ ! テーブルや棚が気軽に作れるDIY専用オシャレ脚

木のボードやダーツの的、平らな表面の板状のものであれば、なんでもこの4つのクリップ付脚 『 SNAP ( スナップ )』で挟んで、オリジナル家具に変えることができます ! 塩化ビニルでコーティングされた、4つのワイヤー製の脚には、それぞれクリップが付いています。方法は簡単、お好みの板にその脚を挟んで留めるだけです...
052515face2

こんなに簡単だったんだ ! 憧れのテラリウムづくりDIY アイディアまとめ

ガラス容器の中に作られたテラリウムの世界。苔や多肉植物などがまるで森のようになり、ミニチュアの世界を作り上げます。 テラリウムは今や世界的人気のガーデニング方法。手入れも簡単なので、窓辺やオフィスのデスク上に飾って、小さな癒しの世界を眺めて楽しめます。 フラワーショップなどでも完成品を目にしますが、購入する...
031615face3

廃材を利用したエコで楽しいバケーションハウス in スウェーデン

スウェーデンのストックホルムから、車で約3時間ほどの場所にある、のどかな地域に位置するユニークなサマーハウスをご紹介します。 同じくスウェーデンの建築デザイン事務所、Leo Qvarsebo が手がけたこの家は、高さ約8.5メートルの滑り台のようなデザインが特徴的。 コンパクトながら中には8部屋を所有する、...
031515face1

ヨットの帆をリサイクル、丈夫でエコなフラワーポット『 Nomad 』 in アメリカ

ニューヨークがベースのデザインスタジオ、The Garden Apartment がデザインした 『 Nomad( ノマド ) 』 は、都会のアパートメントなど、限られた場所でも誰もがハーブなどの家庭菜園を楽しめる、ユニークな植物用のフラワーポットです。 フラワーポット Nomad( ノマド )は、廃棄されるヨッ...
030115face2

不要雑貨をリサイクル ! エコなガーデニングアイディアまとめ

今回ご紹介するのは、不要になった雑貨をリサイクルして作るフラワーポットのアイディアです。 使わなくなった鍋などのキッチン用具から、コンセントカバー、植木鉢、シャンデリアのベースなど、さまざまなものをリサイクルし、カラフルなガーデンデザインが完成できます。 ハーブや多肉植物など、あまり手のかからない植物を植え...
011215face1

ペットボトルをリサイクル !? 北欧生まれオフィス用パーテーション in オランダ

北欧のオフィス・インテリアブランド、 Edsbyn のオフィス用パーテーションは、廃棄のペットボトルをリサイクルし作られた、ポリエステルを素材とした 圧縮( プレス ) フェルトを素材を使い、保温、保冷、断熱、防音に優れているそうです。 色や型タイプのちがうパーテーションは、通常のスタンドタイプの他に、天井からつ...
010515face2

『 白夜 』 を利用したゼロエネ住宅、キャビン風モダンハウス in ノルウェー

省エネや創エネ(太陽光発電などによってエネルギーを創ること)のための設備が整った、『 ゼロ・エネルギーハウス ( 通称 : ゼロエネ住宅 ) 』 。日本でも国が補助金制度を設け、今後、ゼロエネ住宅は日本のスタンダードな家となっていくことが予測されています。 ノルウェーの首都、オスロを拠点とする建築事務所、Snøh...