ロンドン

face071416minimarist-office

街をアーティストでいっぱいに ! プレハブ型簡易オフィス in ロンドン

クリエイティブな発想は作業場から生まれる。そう、考えたのはロンドンがベースのデザインスタジオ、Minima Moralia です。 ロンドンといえばファッション、音楽、さまざまなクリエイティブが広がる街。しかし、アーティストにとってアトリエの確保は、資金調達などの金銭面からも、なかなか難しい問題で山積みです。 ...
face121415london

伝統を愛する気持ちは世界共通 ! ロンドン・ビクトリアンハウスのリノベーション

ロンドンの住宅の代名詞であるビクトリアンハウス。老朽化してきた建物を、新築に建て替えることも多くなってきたそうですが、Chris Dyson Architects が手がけたのは、焼杉( やきすぎ )という日本の伝統的な手法を、古くからの建物に付け加えたモダンなリノベーションデザインです。 古くから日本家屋の外観...
100915facemoney

え~?お金を切り刻んで椅子に !? 斬新なエコチェア in イギリス

私達の生活にかかせない “ お金 ”。しかし、価値がなくなれば、ただの一枚の紙切れとなります。ほとんどの紙幣は、その価値がなくなってから、少なくとも18ヶ月以内には焼却処分されているそうです。 しかし、世界中にあふれる紙幣…回収して燃やすとなると、どれだけの量が毎回廃棄されるのでしょう ? お金も大切な地球の資源...
090915face1

まるでロンドンの街並み !? ポップでクラシックなオフィスデザイン in イギリス

インテリアデザイナーなどフリーランスをはじめ、利用者がビジネス専用のプロフィールを作成し、サービスの中でビジネスのつながりを広げ、ビジネスパートナーや人材を探したり、営業先の顧客や商談先、専門家などとコンタクトを取ることができる、LinkedIn ( リンクトイン ) というサイトをご存知でしょうか ? 2003...
f090815tomdixon

トム・ディクソン ( TOM DIXON )がホット一息つける、美しい新作を発表 in フランス

今年7月に、日本初のオンリーショップをオープンさせたばかりの、イギリスのインテリアブランド 「 トム・ディクソン ( TOM DIXON ) 」が、仏・パリで開催されたインテリア展覧会、 Maison & Objet ( メゾン・エ・オブジェ ) 2015 ( 2015年9月4日~8日 ) にて、新コレ...
090115facelondonhome

モダンな空間に和テイスト ! レトロインテリアが魅力的なロフト in イギリス

異国の人から見た日本の文化を感じる、レトロなロフトアパートメントは、コンクリート打ちっぱなしの開放的な空間に、落ち着いたカラーのインテリアが素敵です。 室内は着物やお面、花瓶など、古き日本を感じるアイテムが散りばめられた、オリエンタルなインテリアコーディネート。外国に行った時に訪れた友人宅を思い出す、センスの良い...
0828pool10storiesface

ロンドンの中心で宙に浮く !? 地上10階建てに建設予定のプール

ロンドンのテムズ川を見下ろす、10階建ての2つのマンション。その2棟をつなぐような巨大なプール、『 Sky Pool ( スカイプール )』 が話題となっています。 地上35メートル上のプールは、約20センチほどの厚みの強化ガラス製でつくられる予定で、2つの建物の間を25メートルプールとほぼ同じ距離で泳ぐことがで...
082215faceglobeuk

世界でたった一社 ! ハンドメイドで美しい地球儀をつくる会社 in イギリス

地球儀( ちきゅうぎ ) といえば、子どもの頃、教室に置いてある地球儀をくるくると回し、指が止まった場所に行ってみたいな ! とか、その国はどんな場所だろう ? などと、海の向こうへの憧れをふくらませていたことを思い出します。 大人になった今では、地球儀を回す機会こそ少なくなりましたが、アンティークショップで見か...
080815facebreathbar

吸って酔うのは自己責任 !? アルコールミストでいっぱいのバー in ロンドン

ほとんどのバーはアルコールを自分でオーダーし、その上で酔っ払うのは自己責任 ! というのが常識ですが、ロンドンにニューオープンしたバー、 ALCOHOLIC ARCHITECTURE ( アルカホリック アーキテクチャ ) は、お酒をオーダーして酔っ払うなんて時間の無駄 ! というコンセプトのバーだそうです。 店...