北米

face112816fi

ドローンが作るホリデーのご馳走って !?

アメリカのホリデーシーズンで、日本のお正月同様、家族で集まって食事をとるのが、クリスマス前のサンクスギビングデー。 大きな七面鳥を焼いて、たくさんのご馳走や焼き菓子を用意して、家族みんなでディナーを楽しみます。サンクスギビングの料理は、日本でいうお節のようなもの。 パーティーを主宰する家ののホストは、そのご...
face102916lucky

ラッキーぺニー拾うと価値1000ドルに !? 全米驚きのキャンペーン

アメリカの通貨でペニーとは一セント銅貨。 日本で言う1円玉のような小銭です。道端に多く落ちているペニー。ほとんどの人は拾おうともしないし、とくに気にかけていません。 しかし、 ラッキー・ペニー という言われもあり、「 幸運のコイン 」「 道に落ちているペニーを拾うとその日、運が良いわよ 」などというセオリーもあり...
face101316hotel

歴史あるナンケット島、クラシックな邸宅ホテル

アメリカ、マサチューセッツ州のナンタケット島は、古くは捕鯨船の主要港として栄え、最近では映画、「 In The Hert of Sea ( 日本語タイトル;白鯨との闘い ) 」 の舞台にもなった場所です。 現在では捕鯨漁は廃止されたものの、歴史を感じるノスタルジックな観光リゾート地として人気に。夏の間は別荘を利用...
face100616bosa

スタイリストが住む、カラフルボヘミアンなNYロフト

ニューヨークのおしゃれな若手アーティストに注目を集める、ブルックリンのダンボ ( Dumbo ) ディストリクト。インテリアスタイリストである、Martin Bourne と、ファッションスタイリストとして活躍する、Leilin Lopezが選んだのは、古いロフトビルのワンフロア。 元々、ダンボ地区は工場や倉庫が...
face081816wired

雑誌 WIRED ( ワイアード )オフィスデザイン in アメリカ

ビジネス、インターネット、ジャーナリズム、カルチャーなどの情報を発信する、アメリカ発のマガジン 『  WIRED ( ワイアード ) 』 の、サンフランシスコにあるオフィスデザインです。 現在、アメリカ本国以外では、イギリス、イタリア、ドイツ、日本の4カ国で雑誌を発行しているワイアード。雑誌に限らず、ウェブマガジ...
faecali100yarsoak

樹齢100歳の木を守る、モダンなカリフォルニアハウス

樹齢100年というバリーオーク( 北米に広く分布するナラ科の落葉樹  )を守るためにデザインされた、北カリフォルニアのモダンな邸宅。 家のフォルムは、アメリカではラッキーチャームとして親しまれている、馬のひづめに装着する蹄鉄( ていてつ )をイメージして作られ、上から見ると巨木を囲むような形状となっています。 ...
face-iceberg0712

米国立建築博物館サマーイベント、今年は「 氷山・環境問題 」がテーマ

米国立建築博物館 National Building Museum ( ナショナル ビルディング ミュージアム )は、ワシントンDCにある建築技術やデザインをテーマにした、アメリカの国立博物館です。毎年、夏に博物館の大ホールで開催されるサマーイベントは、地元の人ひと達の楽しみのひとつにもなっています。 今年のイベ...
face051416campbell

キャンベルスープが試みる、ポジティブな新広告スローガン

アメリカを代表する老舗スープメーカー、『 Campbell ( キャンベル )』 のスープ缶。飲んだことはないという人も、あの筆記体のロゴと紅白が特徴的な缶詰を、一度は目にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか ? かつてはポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルが自らの作品に用い、一躍有名になったトマ...
face041616sanfrance

ポップカルチャーとモダンが融合したコテンポラリーハウス

サンフランシスコにある3階建ての家、レンガの壁やシームレスなガラスのバルコニーなど、モダンで美しい外観デザインが印象的なタウンハウスです。 美しいが外見もさることながら、中のインテリアはコテンポラリーなスタイルに、ポップアートが多くミックスされた、デザイン要素でいっぱいのスタイル。 家の中が、まるでモダンア...